Lenovo IdeaPad U310 を Windows10と8.1のデュアルブート構築

2015-09-12

Lenovo IdeaPad U310 を Windows 10 無償アップグレードでクリーンインストールしました。ところが Windows 10では DiXiM BD Burner 2011 が REGZA 42Z8 からのDTCP-IPダビング に失敗してしまいます。Update も提供されていないので、Windows 8.1 を空いているmSATA SSD(32GB)にインストールして、デュアルブート(マルチブート)を構築することにした。

R0014161

Windows 10 と Windows 8.1 のデュアルブート環境では、起動時にオペレーティングシステムを選択することができるようになりますが、この設定に落ち着くまで、さまざまな失敗と苦労がありました。最終的には、Windows10 でも DiXiM BD Burner 2011 が動作するようになりましたので、Windows 8.1 はもう不要となってしまいましたが・・・

1. Windows10 とWindows 8.1のデュアルブート構築
過去記事で、250GBのSSDを パーティション1(64GB) と パーティション2(170GB)に分割して、UEFI で パーティション1 に Windows 10 Pro 64bit をインストールしました。

Sa15090609_2

Windows 10 で起動した場合のディスク管理です。次に、32GBのmSATA SSD に Windows 8.1 をインストールします。

Sc15090606

Windows 8 Pro 64bit のインストールDVDがありましたが、最新の Windows 8.1 Pro 64bit をダウンロードして、インストールUSB を作成なければなりません(理由は後述)。

Sc15090603

Sc15090604

Sc15090605

Sc15090609

Windows 8.1 のインストールUSBを作成するには、4GB のUSBフラッシュメモリでは足りないようで、8GB 以上のUSBメモリを用意してください。

R0014155

BIOS を起動して、UEFI Boot Enabled に設定して、USB HDD TOSHIBA TransMemory(Windows 8.1インストール) を先頭に移動して、Save & Exit して起動。Windows 8.1 をインストールします。

R0014157

「カスタム Windows のみをインストールする」を選択して、インストール先を指定します。UEFI インストールするには、HDDをGPTで認識させる必要があるので、インストールドライブ(ドライブ0) のパーティションを全て削除して、新規作成してインストールしました。

R0014161

インストールが成功すると、起動時にオペレーティングシステムの選択画面が表示され、起動OSを選ぶことができます。

R0014162

オプションの変更で、規定のOSを起動するまでのタイマーを 5秒、30秒、5分 から選択できます。既定のオペレーティングシステムをWindows10 にして5秒後に起動するように設定しました。
Windows が起動した後に、msconfig (ファイル名を指定して実行) からこれらのオプションを変更したり、インストールしたOSを削除することもできます。

R0014160

Windows 8.1 が起動すると初回の更新プログラムが124個もありました(笑。

Sc15090618

Sc15090500

デバイスマネージャを確認すると不明なデバイスが3個残っていす。

S5090707

Lenovo サポートページからダウンロードした Windows 8.1用のドライバを全てインストールすると、不明なドライバはすべて解消しました。Wi-Fi は ドライバをインストールしても「制限あり」と表示されて安定しませんが、これは前から同じ。

S815090605

Windows 8 で起動した場合のディスク管理です。32GB mSATA SSDが C:ドライブで起動しています。

S815090606

クリーンアップして 8GB の空きスペースが残りました。32GB SSDでも、ユーザファイルを別ドライブに変更すれば、なんとか使えそうです。

Sa15090610

Windos 10 から見ると Windows 8.1 は、E:になるようにドライブ名を変更。D:ドライブは、両OSからデータ保存領域として共通で使用するようにしました。

2.DiXiM BD Burner 2011の問題

R0014151

DiXiM BD Burner 2011 は、TOSHIBA REGZA 42Z8 で録画した番組をBD に保存しておきたい時に使用します。Windows 8.1 では正常に動作していましたが Windows 10 にアップグレード後失敗するようになったので、Windows 8.1 マルチブート環境にインストールしましたが・・・

Sc15083100

Sc15083103

ダビングを始めてBDに書き込みを始めると、すぐに中断。Windows 8.1 は書き込みドライブを見失ってしまうです。これはWindows 10 と同じ現象なので Windows8.1/10 の違いが原因では無いということになります。
Lenovo U310 Windows 8.1 のドライバをもう一度抜けがないか確認しながら慎重に再インストール。そう言えば、パイオニアのドライブに付属の高速USBドライバを入れてなかったので、これもインストール。念のため、新品のBD Diskで試すと、正常にダビングできるようになりました。どの対策が有効だったのか確認できていませんが、同条件で Windows 10にもインストールすると、Windows10 環境でも正常にダビングできるようになりました。

この苦労は、いったい何だったのか・・・

3.CyberLink PowerDVD10 で BDが再生できない問題
パイオニア BDR-XD04Jに付属のDVD から Windows10 にCyberLink MediaSuite をインストールすると、PowerDVD10 が付属している。保存していた最終のパッチ 4609 を当てたが、セキュリティで問題があると表示されます。

S5091201

CyberLink のサポートWebを見るとアップデートは提供されていないように見える。PowerDVD15 を買うほどでも無いけど、BDが見れないのは不便だ。ググると、PowerDVD 10でBlu-rayが再生できなくなったら(White Box技術部) を発見。説明の通り、PowerDVD10 をアンインストール後に再起動。PowerDVDをインストールして、右上のアップデートをクリック。パッチ(Patch.exe)をダウンロードして、最新の修正ファイル(PowerDVD_v5509_RiTA10_DVD140508-02.exe)をダウンロードしてインストール。更新後はCPRMの録画BDは安定して再生できるが、BD映画は再生できなかった。

S5091200

しかし、再起動すると再生可能となっていました。一応、解決で、最新のPowerDVDを買わないで済みましたが微妙です。

4.Windows 10 + Windows 8.1 デュアルブートの注意事項(まとめ)

(1) Windows 8.1インストールメディアを作成
Windows 8 Pro 64bit のインストールDVDがありましたので、これをインストールして、Wndows Updateで Windows 8.1 まで更新を繰り返そうとしましたが、32GB のSSDだと、更新ファイルと復元のバックアップをクリーンアップしながらの作業となり、1日かけても作業は終了しませんでした。
Windows 8.1 のインストールでは、ライセンスKeyの入力が必要です。Windows 7 から Windows 8 優待アップグレードのライセンスKEYでしたが、Windows 8.1 クリーンインストールでも使えました。
Windows 10 は Windows8.1 のアップグレードライセンスとなります。同じPCであってもアップグレード後に Windows8.1 を継続使用して良いかどうかは微妙かもしれません。

(2) インストールする順番
Microsoft 複数のオペレーティング システムをインストールする (マルチブート) によると、
「必ず古いオペレーティング システムを最初にインストールしてから、新しいオペレーティング システムをインストールしてください。」と説明がありました。
Windows 8 を先にインストールしなければならないのですが、Windows 10 をインストール後に Windows 8.1 をインストールして、マルチブートすることができました。

(3) UEFIインストール
Windows 8 から BIOS に代わる UEFI インストールが推奨されています。必ず、UEFIモードでインストーラーを起動させる必要があります。
また、マルチブートでインストールする場合、どちらのOSも UEFIモードでインストールする必要があります。なお、Lenovo U310 は、BIOS から UEFIモードで DVDインストールさせると UEFI ではなく BIOS で認識されるようで、マルチブートを構築できませんでした。インストールUSBを指定すれば成功しました。なお、UEFIでは64bit OSのブートしかサポートしていないことが多いらしいです。

(4)BIOS 起動
Lenovo U310 の場合、起動時の Lenovo ロゴ画面で <F2> (または <Fn>+<F2>) を押して BIOSを起動します(<DEL>ではありません)。

Sc15090600

Sc15090601

起動が早すぎて<F2>が認識されない場合は、[コントロール パネル] - [ハードウェアとサウンド] - [電源オプション] - [電源ボタン]の動作を選択を開いて、[シャットダウン設定]にある[高速スタートアップ]のチェックを外します。この変更で、電源ONからWindows が Bootするまでに少し時間ができます。

続き Lenovo IdeaPad U310 が Windows 10 TH2 で不安定に を読む>>

関連記事

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ

Google Ad

プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タント、ホンダ フィット、トヨタ ハリアーのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 2 Laser、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、ももクロChanなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon Car Ad

Amazon HomeEle Ad


Rakuten Ad