はじめてのバフ研磨、使い方は

2016-10-22

30系ハリアーに装着していた 20インチホイルは保管状態が悪くてクリア塗装に白ミミズ腐蝕 が発生してしまいました。これを補修するには、パフ研磨して腐蝕した表面を削ってから、2液性のウレタンクリア塗装をすると良いらしい。バフ研磨は全くの初心者ですが、ディスクグラインダにフエルトバフを取り付けて、赤棒/白棒/青棒 の研磨剤で磨くらしい。

R0017963

とりあえず、バフ研磨の練習という事で、古くなった サーモスの真空断熱ステンレスマグを磨いてみました。思ったより簡単でしたが、ムラが残ってしまうので、綺麗に仕上げるのは結構大変でした。使い方の説明が無いのでこれが使い方が正しいとは限りませんが、研磨のコツも見つけました。

R0017911

R0017912

フェルト バフ 5枚セット ディスクグラインダー用 100φ(1,070円)★★★
固形 研磨剤 3本セット 赤棒・白棒・青棒 BIGサイズ コンパウンド(1,980円) ★★★★

赤棒(酸化セリウム) 粗磨き用
エメリーバフの目潰し、やけ防止、鉄鋼ステンレスの下地研磨、鉄鋼下磨き用、プラスチック、合成樹脂などの磨き用など。

白棒(酸化アルミナ)  中仕上げ用
ステンレスの中仕上げ、真鍮、アルミニウムなど、非鉄金属の中仕上げ・仕上げなど。

青棒(酸化クロム)  金属光沢鏡面仕上げ用
最終仕上げ用、金属一般の最高光沢仕上げ。切削力、光沢性ともにバランスの取れた金属一般の最高光沢仕上げ用。鉄、ステン、アルミ、亜鉛、銅、真鍮などの仕上げ用です。

バフ、フェルトディスクなどにつけて使う固形タイプの研磨剤で、赤棒(粗磨き)→白棒(中磨き)→青棒(仕上げ)の順番で磨けば、ピカピカになるという。

R0017913

以前、ホームセンターで買ったもの(確か3,500円程度)。鉄パイプを切断するのに買いましたが、これまで、あまり出番が無かった。

R0017915

R0017916

これで準備完了です。

R0017918

サーモスの真空断熱ステンレスマグです。黒の塗装が剥げて下地のステンレスが半分だけ露出してしまいました。ステンレスマグはヘアライン仕上げになっています。これなら失敗しても惜しくないので・・・・

R0017921

ウエスとクランプでステンレスマグを固定しています。

R0017927

R0017926

R0017925

フエルトを回転させて赤棒を少し塗って、ステンレスマグの塗装を削ります。赤棒だけでもけっこう鏡面になりました。

R0017929

少しづつ回転させて、塗装部分を赤棒で磨きました。同じ場所を何度も磨くと、かなり熱くなります。どのくらい押し付けると綺麗に磨けるか良い練習になりました。

R0017934

バフを交換して白棒で全体を磨きましす(研磨剤は、フエルトにあまり残っていないので、交換しなくても良いらしい)。
フエルトディスクは、回転中に誤って触っても危険は無いようですので、ここからはステンレスマグをウエスの上で左手で回しながら、グラインダを右手に持ってステンレスマグを回しながら磨きます。ステンレスマグの縦方向に磨くとムラになりますが、回しながら磨くとムラが出来ても目立たないのがコツです。

R0017936

R0017943

時々ウエスで表面に残った研磨剤を拭いて状態を確認します。上部のヘアラインは、赤棒で磨いていないので、白棒だけではヘアラインが消えません。赤棒で下地を綺麗にしてから白棒を使うべきでした。

R0017945

ここから(緑の)青棒で磨きます。ピッカピカになりましたが、まだ磨きムラがあります。

R0017963_2

R0017968

さらに全体を磨きました。まだ少しムラが見えますが、このあたりで完成としました。赤棒の下地処理が不十分だったので、ヘアラインが完全に消えてないのが残念でした。

R0017962

研磨剤は、このくらい使いました。やはり3種類のセットが便利です。カスタマレビューの通り、1本がかなり大きいので、趣味で使う範囲なら研磨剤を使い切るのは難しい。

R0017969

ディスクグラインダ―の保護カバー内側には、研磨剤が固着していました。屋外で作業したのであまり気になりませんでしたが、周囲にかなり飛び散っているかもしれません。マスクやメガネが必要と言う声もありました。

R0017985

R0017986

左のサーモス茶色(0.3L)は、ステンレスの塗装が剥げた研磨前のヘアライン仕上げと同じです。右のサーモス黒(0.5L)は、バフ研磨によるステンレス鏡面仕上げです。どうです、綺麗に仕上がりましたね。色々なものを磨いてみたくなりました・・・

R0017998

ここからが本番。一番下に積んであった1本だけが酷い「白ミミズシミ腐食」になってしまいました。オンクリアーの部分は全て研磨してクリアを再塗装する必要があるようなので、ムラなく綺麗に研磨できるか不安ですが、いまより悪くはならないと思う。
なお、2液性のウレタンクリア塗料は、12時間以内に使い切る必要があるので、4輪とも同時に研磨して塗装しなければならないのが難しいな。

関連記事

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ

Google Ad

プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タント、ホンダ フィット、トヨタ ハリアーのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 2 Laser、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、ももクロChanなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon Car Ad

Amazon HomeEle Ad


Rakuten Ad