ハスラー ホーン交換 MITSUBA プラウドホーン

2017-09-10

スズキ ハスラー MR41S のホーン(クラクション)を MISTUBA プラウドホーンに交換しました。クラクションは、道路交通法では「警音器」と規定されており、周囲に自分の存在を知らせ、危険を察知してもらうためのものです。道を譲ってもらった時の「挨拶」や青信号で発進しない前の車への「合図」に使う事もありますが、原則は危険回避に使うものなので、使い方を誤るとトラブルになる事もある。

R0021151.jpg

MITSUBA プラウド ホーン HOS-02B(2,145円) ★★★★

普段、クラクションを使う事はほとんどありませんが、軽自動車のクラクションは残念な音なので、ホーンを交換する事にした。ハスラーのクラクションは、フロントバンパーとグリルを取り外す必要があるので、ホーン交換はちょっと面倒なんだが・・・

1.ハスラーに取り付け可能なホーンを選ぶ

S17090900_20170909231956888.jpg

S17090901_20170909231958ed6.jpg

MITSUBA アルファーII コンパクト HOS-04G(2,545円)が人気らしい。しかし、軽自動車には、MITSUBA プラウド ホーン HOS-02B(2,145円)がコンパクトでピッタリとの情報だ。

S17090902.jpg

MARUKO スーパーギガホーン BGD-2(2,700円)は、レクサスと同じ音色らしいがサイズが大きいので、できるだけコンパクトな
MITSUBA プラウド ホーン にすれば安心。他よりも安いしね・・・

S17090903.jpg

S17090904.jpg

音色が気になる方はショップで聞き比べしてください。微妙に周波数の組み合わせが違うようです。

MITSUBA アルファーII コンパクト: 480Hz/400Hz
MITSUBA プラウド ホーン: 490Hz/410Hz
MARUKO スーパーギガホーン: 500Hz/400Hz

MITSUBA ホーンハーネス(1,556円)を使うと、30Aのリレーでバッテリーにホーンを直結する事ができる。仕様では 4A x2 となっていて、ハスラーのホーンには15Aのヒューズが入ってますので、リレー無しでも問題無いはず。

R0021125.jpg

R0021129.jpg

R0021131.jpg

中は、本体と取り付けステーだけだ。ハーネスや取り付けネジなど付属していないので注意。

R0021127.jpg

R0021128.jpg

説明書はパッケージ裏に記載されているものだけ。

2.ハスラーに取り付け

R0021164.jpg

フロントグリル上のM6ボルト2本、クリップを4ヶ所あるので、内貼りはがしで外します。このねじ近くで爪で引っかかっているので、クリップをすべて外した後、最後に少し持ち上げると外れます。

R0021139.jpg

クリップは2種類あります。

R0021161.jpg

R0021136.jpg

フェンダー内側のクリップを外します。フェンダーのクリップのみ少し大きなタイプです。

R0021166.jpg

バンパー下にクリップが2か所あります。

R0021140.jpg

ナンバープレートを外すと、ここにクリップが1か所あります。

R0021159.jpg

この位置に押し込むタイプのクリップがあるので、ここを意識しながらバンパー下を手前に引きます。

R0021157.jpg

バンパーとフェンダーのはめ込みを外します。まだフロントグリル上部で引っかかっているので、これを持ち上げると外れます。

R0021154.jpg

R0021155.jpg

フォグランプと何かのセンサがつながっています。フォグランプは、コネクタが外れましたが、センサは無理。

R0021141.jpg

センサのコネクタが抜けないので、センサをバンパーから外しました。取り外したフロントグリルとバンパーはグラグラなので注意深く扱います。毛布などでカバーして傷がつかないようにして保管すると良い。

R0021143.jpg

R0021144.jpg

内側のクリップ位置を参考にしてください。

R0021145.jpg

この状態でもカッコイイですね。

R0021146.jpg

R0021148.jpg

これが純正ホーンです。

R0021147.jpg

コネクタの根本でカットして2分岐させます。平端子を圧着して念のため半田付けしてハーネスは自作しました。GNDは、左側のリレー取り付けネジにアース端子を挟みこみました。

R0021151.jpg

ホーン内部に雨水の侵入を防ぐため、ホーンを下向きに取り付けるように指定されていますが、下のカバーが邪魔するので、片方は横にしました。この角度なら、水が浸入しても流れ出ると思うので大丈夫。

交換後は、軽自動車とは思えない良い音になりました。

関連記事

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ

Google Ad

プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タント、ホンダ フィット、トヨタ ハリアーのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 2 Laser、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、ももクロChanなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon Car Ad

Amazon HomeEle Ad


Rakuten Ad