FC2ブログ

タントにVIPER330V (警報スピーカを取り付ける)

2018-01-13

ダイハツ タント LA600S に VIPER 330V を取り付けます。助手席側ヘッドライトユニットの後方にある空きスペースに警報スピーカ を取り付ける事にしましたが、前バンパーとヘッドライトユニットを取り外す必要があるので、ちょい面倒でした。

R0022401.jpg

前バンパーはクリップだけで止まっているので驚きました。あとは、ボンネットスイッチとスピーカの配線を室内までどうやって引き込むか思案中です(過去記事はこちら)。

R0022366.jpg

バンパーを取り外すには、フェンダーにあるクリップを2個を外します(左右同じ)。

R0022369.jpg

上のクリップは中央を抜くと外れる小型のタイプ。

R0022368.jpg

下のクリップは90°回転させて引き抜くタイプでした。

R0022374.jpg

このクリップを4個外します。

R0022370.jpg

R0022371.jpg

ナンバープレートと裏にあるカバーを外して、中のクリップを外します。

R0022376.jpg

R0022378.jpg

バンパー下のクリップを6個外します。ジャッキアップ無しで大丈夫でした。

R0022380.jpg

バンパーを下に5mm程度ずらすとはめ込みが外れ、バンパーが外れます。

R0022382.jpg

外したバンパーは、キャンプマットを敷いて傷が付かないようにします。

R0022386.jpg

バンパーの裏はけっこうスペースがあります。


R0022384.jpg

ついでに、ホーンを交換する事も考えましたが、滅多に鳴らす事も無いホーンにお金をかけるのは勿体ないので、今回はパス。バンパー取り外しは難しくないので、いつでも交換出来る。

R0022390.jpg

ヘッドライトユニットは上部のクリップとネジ2個で止まってます。

R0022393.jpg

ヘッドライトユニットを外してドリルで穴をあけます。

R0022396.jpg

ドリルでφ4mmの穴をあけてねじ止めしました。周囲にウエスを敷いているのは鉄の切りくずを集めるて捨てるためです。

R0022397.jpg

ヘッドライトユニットを戻して、バンパーをもとに戻しました。

R0022401.jpg

これで取り付け完了。

R0022403.jpg

7mmのコルゲートチューブを買って来ました。これでエンジンルーム内を這わせると綺麗に仕上がります。どうやって室内まで配線を通すか調査中です。

続き タントにVIPER330V (結線図を入手) を読む>>

関連記事

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ

Google Ad

プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 3、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、チームしゃちほこなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon Car Ad

Amazon HomeEle Ad