FC2ブログ

タントにVIPER330V (エンジンルームから室内に通線)

2018-02-18

ダイハツ タント LA600S に VIPER 330Vを取り付けます。エンジンルーム内に警報スピーカボンネットスイッチを取り付け、バッテリの奥にあるグロメットから室内に配線を通しました。

R0022812ss_20180224211921ed7.jpg

バッテリを降ろして、グロメットに穴をあけて通線を入れるとグローブボックスの裏にあるヒューズBOXの裏に出て来ました。詳しい情報が無いので、内視鏡で確認しながら作業しました。7mmのコルゲートチューブでカバーしましたので綺麗に仕上がりました。

エンジンルームから室内に配線を通す方法を検索すると
①エアークリーナを外してエンジンの奥にあるグロメットから通す方法
②ウインドウウォッシャータンク下から室内に通す方法
③フォグランプが無い場合はこの配線を利用する方法
の3種類を発見しましたが、肝心な部分の写真が無いのでうまくゆくのか不安でした。

R0022801s.jpg

よく見るとバッテリの奥にグロメットがあり、この奥はちょうどグローブボックスの裏にあるヒューズBOXのあたりになります。ヒューズBOXとエンジンのルームの壁には断熱・消音材があり、手が入るくらいのスペースがありますが、デジカメを突っ込んでも見えません。通線の金属が電装をショートさせたら大変なので、内視鏡を買いました(過去記事はこちら)。

R0022764.jpg

R0022766.jpg

内視鏡の画面がこちら

SC2018021701.jpg

画像は下から内視鏡を突っ込んでいます。ここに出てくれば都合が良いですが・・・

R0022806s.jpg

R0022807s.jpg

何度も登場している壁用の通線を押し込むと、何かに当たってました。

SC2018021702.jpg

SC2018021703.jpg

SC2018021704.jpg

通線の先端が何かにあたっているようです。なんとか手が入るので、障害物を避けると通りました。

R0022808s.jpg

R0022809s.jpg

R0022815s.jpg

室内ならACコードをエンジンルームに引き出しました。これに警報スピーカとボンネットスイッチの配線を接続して室内に引き込みます。

R0022817s.jpg

7mmのコルゲートチューブをかぶせました。

R0022822s.jpg

SC2018021705.jpg

室内配線にはスパイラルチューブをかぶせました。

R0022812ss_20180224211921ed7.jpg

R0022818s.jpg

バッテリをもとに戻してエンジンルームの配線は完了です。後付け感がなくて綺麗に仕上がりました。

続き タントにVIPER330V (本体取付1) を読む>>

関連記事

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ

Google Ad

プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 3、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、チームしゃちほこなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon Car Ad

Amazon HomeEle Ad


Rakuten Ad