FC2ブログ

nano iDSD LE と Audirvana Plus でMQAを再生する

2018-10-20

MQAに対応したDACとして安価な、iFi Audio nano iDSD LE を買いました。MQA-CD を flac でリッピングした後、「MQA Tag Restorer」でTag情報とファイル名を修正しましたが MQAを認識しません。音量を100%にする必要があるそうで MediaMonky、SONY Music Center、foober2000 を試しましたが、どれもMQAを認識しません。さらに調べると、

S18101602s.jpg

iFi audio の DAC は「MQAレンダラー」なので、単体でMQA音源を認証してデコードする事はできず、別に「MQAコアデコーダー」が必要である事が判りました。MQAコアデコーダーとして音楽再生ソフト「Audirvana Plus」が必要という事で、15日間の試用版をダウンロードして、ようやく MQA を再生できました。しかし、「Audirvana Plus」があれば DAC はMQA対応でなくても別のフォーマットでハイレゾ再生できたのに・・・

S18102000.jpg

こちらからWindows10のドライバをダウンロードします。

S18101300.png

S18101302.png

S18101303.png

ドライバの準備ができました。

S18101306.png

nano iDSDのファームウェアは V5.2D でしたので、MQA対応のV5.30 に更新しましす。

S18101302.jpg

S18101307.png

ツール(iFiHDUSBAudio_dfuapp.exe) と binファイルをダウンロードしてファームウェアを更新します。

S18101309.png

nano iDSDのファームウェアは V5.30に更新されました。

S18101600.png

MQA-CDfre:ac でflac形式でリッピングします。

S18102001.jpg

S18101310.jpg

S18101601.png

こちらの記事によると、flac でリッピングしただけでは、MQAのヘッダー情報が不足しているそうで正しくMQA再生できないことあるという。「MQA Tag Restorer」でTagを修正して、ファイル名を mqa.flac に変換します。ファイル名を flac から mqa.flac に変更するだけで良いという記事もありましたが、ツールを使うのが確実でしょう。①普通のCD, ②MQA-CD、③MQA-CD(Tag修正済) を区別できるように、アルバム名をTagScannerで編集しました。

普通に mqa.flac を再生すれば、MQA で再生されると思っていましたが認識しません。nano iDSD が MQAを認識すると、LEDが白になるはずが 緑(44kHz)、黄色(96kHz) のままです。MediaMonkey、SONY Music Center も試しましたがダメで、さらに調べると、Foober2000 の設定記事(PDF)がありました。これを参考にFoober2000 を設定しますが、LEDが白になりません。これは、MERIDIAN AUDIO EXPLORER 2 をfoober2000で MQA再生する場合の設定資料らしい。何が違うのか・・・



もう一度、こちらの記事 盛り上がるMQA、その再生のための基礎を徹底解説 (iFI-Audio.jp News and Blog) を良く読むと、iFi audio の DAC は「MQAレンダラー」として動作し単体でMQA音源を認証してデコードする事はできず、別に「MQAコアデコーダー」が必要という説明を発見(良く読まないとあかんよ)。

05_MQA_graph3.jpg

MQAは(A)のCD音源だけでも再生可能であるが、1回目の展開(B)までを「コアデコード」、2回目の展開(C)まで実施する事を「フルデコード」と呼ぶそうだ。nano iDSD は「MQAレンダラー」 として動作し展開(C)のみを担当するので、「コアデコード」する音楽再生ソフトが別に必要という事らしい。最近、「Audirvana Plus」 がWindows10 対応されたので助かった・・・

S18101313Xs.jpg

Audirvana Plus for Windows10」のフルライセンスはUS$74(€64)となっているが、15日間の試用版をダウンロードして試す事ができます。とりあえず、試してみるこにした。

S18101602s.jpg

S18101316s.jpg

最初は操作が判らず悩んだが、色々触っていると理解できました。
設定でライブラリのフォルダを指定するとアルバム、曲目が表示されます。フィルタで目的の楽曲を探す事もできます。

S18101607.jpg

再生していない状態で、USBコネクタロゴをクリックすると、再生デバイス、WASAPI-ASIO を選択できます。さらに、> をクリックすると、デバイスの設定画面となり、対応するDACの設定が表示されました。

S18101606s.jpg

R0025055s.jpg

MQA Rendrer に変更すると、nano iDSD のLEDが白に変化しました。
リッピングしたMQAファイルを再生すると、左下に FLAC MQA 24/352.8Khz Stereo と表示されています(16/352.8 になる事もある)。右下には、32/88.2kHz と表示されていて、コアデコードで(B)まで展開して再生しているので、(C)の展開はnano iDSD で実施しているという事なんでしょうね。

S18101603s.jpg

S18101604s.jpg

Non MQAに設定すると、DSD256 でDACに出力する事もできる。この場合は、(B)までの展開(96kHz)を DSD256 に変換しているので、MQA Render よりも劣ると説明がありました。私には、これで十分だけどね。

さて、この「Audirvana Plus」を買う価値があるかどうかが問題。確かに良く出来ているが、時々不安定になる事もあり、おかしくなると、Windowsを再起動しないと復帰しないことがあった。
MQA がもっと普及すれば foober2000 にコアデコードのPlug-in が出て来ることを期待したいが、無理かな。
MQAは、ハイレゾ音源を小さなサイズでストリーミング再生するにに適している。しかし、世界的には、CD はもう売れなくなっているので、MQA-CDが流行るがどうかも、これからだ。



まとめ
MQA-CD で互換性を維持しなから、ハイレゾ音源を記録する事ができた事は凄い技術だと思います。音質もハイレゾ音源として楽しめる。今回購入したサンプラーは、MQA-CD と 通常のCDがあり、聞き比べできるようになっているので、①CD と ②MQA の16/44kHz と③MQA 24/352.8kHz を聞き比べできました。
①と②の差は確かにあるが、よく聞かないと区別は難しい。オーディオシステムや音源によるのかも知れないが・・・
③は音の奥行が出て、豊かな音(高級オーディオで聞いているかのような音)に変化しました。

ポータブルオーディオは今回試していませんが、USB の接続コネクターを調達すれば動作するらしいので、そのうち試してみたいな。今後、UHD BD、SACDプレーヤ等に MQA-CD対応をバージョンアップで追加する計画もあるようです。

続き nano iDSD LE と Audirvana Plus でMQAを再生する(2) を読む>>
関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : MQA, MQA-CD

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ

Google Ad

プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 3、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM CHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon Car Ad

Amazon HomeEle Ad


Rakuten Ad