FC2ブログ

バッテリ充電器の自作 (2)

2011-04-18

秋月電子通商 鉛蓄電池充電器パーツキット で充電器を自作します。できるだけお金を節約しながら、市販の充電器に無いようなものにしたい(過去記事 バッテリ充電器の自作 (1) の続き)。

Rimg0004

13.8V 2A 以上で充電する為に、パワートランジスタ(2N3055)と放熱板を追加。電流計、電圧計を付けて、充電状態が確認できるようにしました。電源は、19V 3.4A のスイッチング電源を用意しました。

Rimg0025

日本橋の共立電子で、電流計(20mA) \500、電圧計(5V) \500 という特価品を見つけて衝動買い。電流計は、2A を 20mA になるように抵抗を追加して調整。また、電圧計には 10V のツェナーダイオードを直列に入れて、10V~15V を 0V~5V として表示できる予定だ。

Rimg0026_2

電源は、19V 3.4A のACアダプタです。秋月電子通商で \1,700 でしたが、Note PC用の中古であれば、\1,000 以下で買う事もできるハズ。

Rimg0015_2

パワートランジスタ(2N3055)は、手持ちがあった。放熱板には、Pentium4 あたりの放熱板を加工して取り付ける事にした。この放熱板は日本橋のPCショップでタダでいただいたもの。

Rimg0017

Rimg0001

Rimg0002

Rimg0003

2N3055の取り付けには、Φ5mmの穴を開けてからアンカーを押しこみました。アンカーはプラスチックなので絶縁もできる。放熱板と2N3055の間にシリコンシートを挟んでネジ止めした。

Rimg0006

放熱板をケース内部に取り付けると熱が逃げないのですが、手持ちのアルミケースが大きいので、とりあえず中に入れてみました。19V で 14V 作ると 5V 2A 消費すると 10W の熱が出る。アルミケースは、密閉するとダメかな・・・

Rimg0005

電流計、電圧計、放熱板、基板、端子、DCジャックをケースに取り付けました。とりあえず、ケース加工が終わった。基板上の半固定抵抗 VR1, VR2 をボリュームにして調整できるようにしても良いかも。

続き バッテリ充電器の自作 (3) を読む>>

関連記事

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ

Google Ad

プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 3、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、チームしゃちほこなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon Car Ad

Amazon HomeEle Ad


Rakuten Ad