REGZA 42Z8 タイムシフトマシン、玄人志向で作る3TBx2

2014-01-26

東芝 REGZA 42Z8 のタイムシフトマシンを試しに使ってみたら予想以上に便利だったので、録画時間を稼ぐため、3TBのUSB3.0 HDD を2台接続しました。できるだけ安く上げる為に、2012年9月にPCのバックアップ用途に組み立てた玄人志向 GW3.5AA-SUP3/MB + WD30EZRX を転用して、もう一台、同じ構成で組み立てました。

Rrimg0334

玄人志向 GW3.5AA-SUP3/MB 2,150円 ★★★★
WesternDigital 3.5インチ 3TB HDD WD30EZRX-1TBP \10,480円 ★★★★

普通なら年月が経過すると容量が増えて安く買えるハズなんですが、最近はHDDやメモリが値上り傾向なので、前よりも1,500円高くついた。3TBx2の構成で、6Ch タイムシフトマシンを128時間保存できます。

実は、市販のUSB3.0 3TB HDD (LaCie LCH-FMN030U3 11,635円)を買った方が安いのは判っていましたが、SEAGATE ST3000DM001 が入っていたという記事を発見。ここは省電力と静音が特徴の WesternDigital Green ドライブ WD30EZRX にこだわって組み立てる事にしました。

R0010041

R0010046

以前の WD30EZRX は750GBプラッタx4でしたが、WD30EZRX-1TBP は 1TBプラッタ x3 に変更となっている。現在は、1TBプラッタ x4 の4TBも発売になっています。

S012600

円安も影響してか、HDDの価格はじりじり値上がり傾向なので、待っても安くならないと判断しました。

R0010044

玄人志向 GW3.5AA-SUP3/MB は、2012年9月に買ったものと同じ型番ですが、ACアダプタが変更になっていました。

Rrimg0322

以前は、12V1.5A(AsianPower製) でしたが、12V2.0A(Ktec製) に変更になっています。PSE規格 も取得されています。

1.USB3.0 HDD を組み立てる

R0010060

R0010047

R0010049

プラスドライバでドライブをフレームに固定して、ケースに入れてネジ止めするだけです。アルミ製筐体のファンレス自然放熱です。

R0010050

これで完成。

R0010061

CD-ROMが付属していて、FAT32にフォーマットする事ができますが、FAT32 は2TBまでになると注意書きがありました。少し心配になりましたが、REGZA 42Z8 に接続すると 3TBのHDDを認識して自動でフォーマットしてくれるので問題ありません。

2.USB3.0 HDDをタイムシフトマシンに設定する

Rrimg0323

Rrimg0324

壁寄せテレビスタンド KF-700 に置くとちょうど良い。ACアダプタは、百均で買った3つ口100V ACケーブルで接続しました。

Rrimg0326_2

付属のUSB3.0ケーブルで USB[A] USB[B]に接続すると、ちょうど良い長さでした。

Rrimg0335

アクセスすると青色LEDが点滅しますが、この位置なら気になりませんでした。

Rrimg0337

2台共接続されました。

Rrimg0338

HDD1台あたり録画チャンネルを3つまで選ぶ事ができます。

Rrimg0339

HDD 1台に3チャンネル設定すると128時間、1チャンネルの場合は388時間録画保存できます。19:00-24:00 の5時間録画すると 128/5= 25.6日前の番組を見る事ができる訳ですね。

Rrimg0367

タイムシフトマシンを設定してから1週間経過しましたが、無事、録画できていました。価格.com の口コミで、42Z7+玄人志向GW3.5AA-SUP3でタイムシフトマシンに使えなかったという書き込みがあったので心配していましたが、42Z8 では大丈夫でした。

Rrimg0366

タイムシフトマシンを録画中に通常録画を再生、さらに通常録画でW録している。同時に8チャンネル録画しているんですね。通常録画は1TB のポータブルHDDで、バスパワー動作しています。

タイムシフトマシン録画中に寝ると、HDDのヘッドが動く「カリカリ」という音が聞こえますが、モータの回転音は聞こえませんでした。今は、室温が低いので発熱は全く問題無しですが、夏場は何か対策がいるかもしれません。

2014.6.14追記{
玄人志向 GW3.5AA-SUP3/MB を42Z8のタイムシフトマシンに2台接続したが、1台しか認識しないとの情報をいただきました。2012年9月に購入した GW3.5AA-SUP3/MB(2012) と現在販売されている GW3.5AA-SUP3/MB(2014) は、微妙に動作が違うようです。

(ご注意)
GW3.5AA-SUP3/MB(2014) は、タイムシフトマシン用HDDとして2台接続できません。1台接続するだけなら使えます。理由は、REGZA 42Z8 タイムシフトマシン、玄人志向HDDケースの問題はコレだ を読んでください。
}

関連記事

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もこちらのblogを参考にさせて頂きました
結果はAとB認識に不具合がでます。

3T×2基の構成ですが症状は以下の通りです。

No title

dorakenさん、詳しいコメントをありがとうございました。

「AとBに同時接続して登録を行うと2基ともAに登録される。」にヒントがありそうです。

推測ですが、USB AとBは内部ではUSB HUBで接続されていて、同じUSBドライブ(同じDeviceIDのドライブ)を2台接続すると、A と B の区別ができないBUGとすると、上記の現象が説明できます。

管理者が使っている GW3.5AA-SUP3/MB が動作したのは、42Z8 の BUGが修正された。又は、2台の内1台は1年前に購入したものなので、たまたま DeviceID が違うので区別できたとか。

あくまでも想像ですが・・・

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: