FC2ブログ

スピーカのエッジを軟化させる(ラバープロテクタント編)

2019-04-20

ダイヤトーン DS-503 は、35年も経過するとウーファーのスピーカーエッジが固くなっている。まず評判の良い「クレポリメイト」をスピーカ表から2日連続で塗布して1週間。効果はありましたが、もう少し柔らかくなるとウーファーの動きが良くなるはず。

R0026900s.jpg

ウーファーを取り外して、スピーカーエッジの裏面にクレラバープロテクタントを塗りました。1日経過すると、さらに柔らかくなったと思います。エッジは指で摘まむ事が可能で、コーンを軽く押しても5mm程度動くようになりました(過去記事はこちら)。

R0026885s.jpg

R0026886s.jpg

ネジを外してもスピーカが外れないので、カーボン製のへらを隙間に入れて、ゴムハンマーで叩くとウーファーが外れました。

R0026887s.jpg

ウーファーはかなり重いです。

R0026888s.jpg

R0026889s.jpg

端子を外します。±の端子はサイズが違うので逆に刺さらないようになっています。

R0026906s.jpg

R0026891s.jpg

スピーカ裏はこんな感じで、ゴム感は無いのですが・・・・

R0026904s.jpg

R0026899s.jpg

スピーカーのエッジを下にしても接触しないようにダンボールを加工しました。

R0026900s.jpg

コーンにラバープロテクタントが直接かからないようにウエスで覆ってから、スプレーしました。

R0026902s.jpg

R0026903s.jpg

エッジにラバープロテクタントが少し溜まるくらいスプレーしました。無色透明でしばらく待つと揮発・浸透してサラッとした状態になります。拭き取りしないでも大丈夫でした。

R0026897s.jpg

R0026898s.jpg

アルミダイキャストのフレームに錆びが出ているので、サンドペーパーで磨きました。グラインダで研磨すれば完璧なんでしょうね。暇な時にでも・・・

R0026895s.jpg

スピーカのネットワークが見えました。アッテネーターの配線があるので回路が難しい。電解コンデンサをフィルムコンデンサに交換すると特性が良くなるかも。すべての容量は確認できなかったが、検索すると 50V 47uF, 33uF, 27uF, 12uFx3 となっている(らしい)。

R0026907s.jpg

エッジの裏は想像していたよりゴム感が無かったので効果があるのか不安でしたが、翌日には、さらに柔らかくなり豊な低音が出るようになりました。

関連記事

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: