アルミホイールをDIYリペアする(塗装)

2019-05-07

20インチのアルミホイルを屋外保管していたので、湿気でダイヤモンドカット表面に白ミミズ腐蝕が出てしまった。サンダーで腐食した部分を削りました(過去記事はこちら)。

R0027415s.jpg

プライマー(染めQ ミッチャクロン)で下処理をした後、「高耐久艶消しブラック」で塗装すると、いい感じに仕上がりました。

R0027366s.jpg

シリコンオフ を買っておいたんですが、ブレーキクリーナーで埃や汚れを掃除したら脱脂が不要になってしまった。

R0027389s.jpg

R0027390s.jpg

マスキングをどうするかが問題なんですが、まずホイルの裏から新聞紙をマスキングテープで貼りました。

R0027391s.jpg

新聞紙、ゴミ袋でタイヤを包む予定であったがうまくゆかず。ホイルとタイヤの間に溝があるので、ここにダンボールを立ててスプレーする事にした。

R0027392s.jpg

プライマーとして、染めQ ミッチャクロン をスプレーしました。これを使うと塗料が密着するらしい。

R0027393s.jpg

R0027394s.jpg

スプレーすると、透明で少し粘着力があります。透明なので、ダンボールを立てるだけで十分。説明によると、20分ほどで重ね塗り可能で、厚く塗る必要はない。これを2回塗りました。プライマーは2本買いましたが、スプレー缶1本でタイヤ4本に2回塗って少し余りました。

R0027396s.jpg

R0027397s.jpg

このダンボールを立てるマスキングは簡単で良いので、ダンボールをつないで半分カバーしました。いよいよ艶消しブラックを塗ります。2液のウレタン塗料が良いと思いますが、黒は艶ありしかない。自動車用では無いが、高耐久というのを信じたい。

R0027399s.jpg

R0027400s.jpg

R0027403s.jpg

いい感じに仕上がりました。よく見ると下地の凸凹が見えるが、艶消しなのでこの程度なら目立たない。

R0027404s.jpg

艶消しスプレー1本でタイヤ2本を2回塗りできました。重ね塗りは40分乾かすように説明がありました。
気温25℃、晴天で直射日光でホイルも適度に温まっている。塗装する環境としては、ちょうどいい。

R0027408s.jpg

R0027410s.jpg

艶消しスプレータイヤ4本を2.5回塗りして2本を使い切りました。
微風でしたが、塗装中に埃が付着するのが難点。

R0027413s.jpg

R0027415s.jpg

ホイル裏の新聞紙を取り除き24時間自然乾燥させます。
ホイル交換は明日にします。

続き アルミホイールをDIYリペアする(タイヤ交換) を読む>>

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: