FC2ブログ

Logicool M525 を分解する

2019-05-14

Logicool M525 ワイヤレスマウスは、2012年に3個購入したが、その中の1個でスクロールホイールが効かなくなった。恐らく、ホイールの工学センサに埃が詰まっただけだと思うが、隙間からエアダスターで掃除しても治らない。このままでは使えないので、分解してみることに・・・・

R0027625s.jpg

M525 を分解した記事は見つからないが、他のモデルは電池BOXのあたりにネジがあるらしい。よく見ると、マウス裏のシール下にネジがあった。分解すると、特に汚れていないものの、スクロールホイルをエアダスターで掃除したら修理できました。

もう何十年もマウスは、Logicool をと決めている。

R0027634s.jpg

M510 は2011年に購入したが、クリックボタンが時々ダブルクリックになり引退。後継として 2017年にM545を購入した。

R0027618s.jpg

M525 は2012年に3個買って、自宅、会社、米国に置いてある。unifying レシーバは、複数のマウスを登録できるので、マウス本体は現場に置いたままで使えるのが便利だ。
マウスは消耗品だと理解していたが、検索すると、分解修理されている方も居たので、記事を参考にM525を分解してみた。
なお、Logicool のマウスは3年保証で、3年以内の故障は新品に交換してくれるそうだ。保証書と購入日を証明できる事。M545の保証書は捨てたな・・・

R0027620s.jpg

R0027622s.jpg

M510 は電池の下に★ネジがあるらしいので、電池シールを剥がしてみたがネジが無い・・・

R0027623s.jpg

R0027624s.jpg

マウス裏のシールが怪しいと思ったら、ネジがありました。しかも、普通の+ネジでした。

R0027625s.jpg

マウス下側を後ろにずらすと分解できました。

R0027626s.jpg

起動した時に電池残量を表示するLEDは、透明の樹脂でつながっている。

R0027627s.jpg

基板はシンプルな設計だ。

R0027629s.jpg

R0027630s.jpg

スクロールホイールは、フォトトランジスタ2個で回転方向を判断していると思われる。埃が多少侵入しているが、それほど汚れていない。エアダスターで掃除しておきました。ダメ元で、もと通り組み立てたら、正常に動作するようになりました。

なお、チャタリングが出た場合は、マイクロスイッチを交換するか、接点復活剤で接点を掃除すれば修理できるそうだ。
今度、M510 も修理してみたいと思う。

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: