FC2ブログ

Logicool M510 を分解する

2019-05-15

Logicool M510 は2011年に購入したが、左クリックが時々ダブルクリックになり引退。検索すると、同様の故障で分解されている人も多い。電池ケースの下にネジがあるらしいので、分解してみました。

R0027667s.jpg

”M510 分解” で検索すると、多数の記事がヒットする。どうもマイクロスイッチの耐久性に問題があるようです。マイクロスイッチを交換するのが確実ですが、交換しなくても接点復活剤で改善した人も居るので、「接点ブライド」を試してみました。

R0027663s.jpg

R0027665s.jpg

R0027666s.jpg

電池を交換する時に引っ張るベロの下にネジが2個あります。検索した記事は、★型のへクスドライバーが必要とありましたが、普通の+ネジでした。

R0027677s.jpg

ネジを外して、下を後ろにずらすと簡単に分解できました。

R0027668s.jpg

R0027669s.jpg

M545 よりも設計が古いので複雑な構造です。

R0027670s.jpg

R0027671s.jpg

スクロールホイールの周囲が、手垢と埃で汚い・・・
アルコールで掃除した後、ブロワーで埃を飛ばした後、ホイルはゴム系でしたのでラバープロテクタントを塗布しました。

R0027674s.jpg

綺麗になりました。

R0027676s.jpg

R0027675s.jpg

マイクロスイッチは、OMRON製 D2FC-F-7N です。検索すると、1個 100円前後で購入可能ですが、Amazon で互換品を安く買う事ができますね。マウスのスイッチを交換するのに購入したというレビューが多数あるのは驚いた。

白いボタンの隙間から「接点ブライド」を流し込み、スイッチを操作して浸透させます。スプレー式のダストブロワーを吹き付けると、隙間から接点ブライドが流れ出て来たので、綺麗に拭き取って修理完了です。

参考記事:
Logicoolの「M510」を、捨てる前に分解してみた(人生に出会う7WAYS+α)
ロジクールM510分解 改造?(モモンハン日記)
ロジクールのマウス M510 を修理しました メモ(kuni/JA1UZGのもろもろブログ)
チャタリング発生のため、ロジクールM510を分解清掃しました(ガジェットWatch)



関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: