FC2ブログ

TP-Link Archer A10 にA10とC55 をWDS接続

2019-05-20

1階リビングに TP-Link Acher A10 を設置。2階に Acher C55 を設置してWDS接続したが、802.11acで80~90Mbpsしか速度が出なかった。C55 のLANは100BaseT なので、これ以上の速度は望めない。Amazon のタイムセール祭りで A10 が安くなったので、A10 のWDSで速度が出るのか検証する事にした(過去記事はこちら)。

Sc2019050100x_20190519215908750.jpg

A10にA10でWDS接続すれば、11ac 1,733MbpsでLinkできる。LAN も GbE なので速度が上がるはずだ。A10 には、他にも色々な機能が付いているので、色々試してみる事にした。C55 のWDSは不要となったが、1階の一番遠い和室に設置しました。

Sc2019051102.jpg
Sc2019051104.jpg

Amazon のタイムセール祭りで7,880円はかなり安い。

R0027612s.jpg

R0027614s.jpg

前回と同じなので A10 の詳細は省略します。
LAN にPCを接続してWebページからWDSの設定をします。

Sc2019051900.jpg

WDS接続するA10のIPアドレスを 192.168.1.2 に設定します。WDS接続するC55のIPアドレスは 192.168.1.3 に変更しました。

Sc2019051901.jpg

DHCP を無効に設定します。

Sc2019051902.jpg

2.4GHz は、Ch1 Ch6 Ch11 に設定するのが鉄則だ。

Sc2019051903.jpg

5GHz は、WDS親機と同じ Ch44 に設定します。
ベンチマークを取るため、SSID は変更しましたが、最終的には区別したく無いので、共通のSSIDにしています。
バンドステアリンクという機能は、2.4GHz/5GHz を共通SSIDにして、接続時に自動で分散させる機能です。今回は使いません。

Sc2019051904.jpg

WDS の設定は、システムツール の システムパラメータ にあります。

Sc2019051905.jpg

Sc2019051906.jpg

WDS接続ではシステムログに正しい時刻を記録するために NTPの設定を工夫する必要があります。
NTPをIPアドレスで指定して、詳細経路設定でゲートウェイアドレス 192.168.1.1 を指定する必要があります。

Sc2019051909.jpg

エアタイムフェアネスを有効に設定します。これは、低速のデバイスに帯域を占有されないように、時間を均等に割り付ける機能で、高速な11acはより早くなるはず。

Sc2019051908.jpg

A10親機のQoSの機能をONにすると、優先させたいデバイスを指定できますので、WDS接続のA10を優先に設定しました。

Sc2019051907.jpg

統計機能がありますので、実際の通信負荷を確認する事ができます。
A10 はビジネス用ルータにしか付いていないような機能が満載で、設定の効果まで確認できていませんが、凄いと思いました。

Screenshot_20190519-185815s.jpg Screenshot_20190519-201040s.jpg

無線のチャンネル配分は、このようになりました。
最近、ご近所の無線も干渉するようになって来ましたね。

長くなったので、ベンチマーク結果は次回へ続く

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: