自転車のパンク修理

2007-04-04

長男の自転車がパンクしたと言うので、パンク修理をしてみた。明日は駅まで乗って行きたいと言うので、夜の仕事だ。
もう、23:00 だぞ!と思いながら、こりゃネタに使えると思い、デジカメで写真を撮りながら作業をしました。パンク修理は何年ぶりだろうか・・・

Cimg2316

用意するものは、自転車用タイヤレバー、パッチ、ゴム糊、サンドペーパー、空気入れを用意します。

Cimg2317

まず、空気を入れてパンクを確認する。おぉ、結構な勢いで空気が抜けて行くでは無いか・・・・

Cimg2318

バルブ・ナットも外して残った空気を抜いておきます。念のため、虫ゴムが正常か確認。
パンクだと思ったら、虫ゴムが原因だったりする事もある。

Cimg2321

ブレーキのアーチワイヤーを外してブレーキとリムの隙間を広げます。
これをしないとタイヤが回せない。

Cimg2319

Cimg2320

タイヤを押しながら一周して、リムの中にタイヤを落とします。タイヤレバーを隙間に入れてタイヤをはずします。タイヤレバーには、スポークに引っ掛ける穴があるので、固定して2~3箇所から同時にはずすと後は、指で外れる。

Cimg2322

チューブを引き出します。

Cimg2324

バルブを取り付けて空気を入れ、パンクしている場所を探す。見つからない場合は、バケツに水を入れてチューブを沈めて探す事になる。
※チューブがタイヤより大きい気がするが・・・

Cimg2325

この通り、穴が開いていた。タイヤ側に釘が残っていないか忘れない内に確認をしておく。
マジック等でしるしを付けた方が良いかも知れない。

Cimg2326

サンドペーパーでタイヤの表面を削る。ここで手を抜くとゴム糊が剥がれてしまうので、もうちょっと削らないとダメかな。

Cimg2327

ゴム糊をタイヤとパッチの両方に薄く塗って、少し乾くまで待つ。

Cimg2328

貼り付けるた後、プラスチックハンマー等でパッチを叩いて密着させる。プロは、ローラを使うようだけど。

Cimg2329

バルブ位置をあわせてチューブをタイヤの中に押し込む。チューブがねじれないように気をつける。

Cimg2330

★ここで大変な事が判った★
このタイヤは26インチですが、チューブは28インチらしく、こんなに余ってしまった(ありえないよ~)。

Cimg2331

チューブを押し込んでからタイヤをリムにはめる。普通はチューブがねじれないように気をつけるんだけど、なんだかヤケクソになって来た。「無理やり押し込んでしまえ!」

最後の部分は、タイヤレバーを使ったが、チューブを挟まないように気をつける。

Cimg2332

バルブの部分を押し込んでタイヤとリムの間に挟まらないようにする。挟まってしまうと、後にチューブが破ける恐れがある。バルブを取り付けて空気を入れる。少し空気を入れてからタイヤを押してチューブをなじませる。

Cimg2334

これが、コーナンで\12,800で購入した、マウンテンバイク風の自転車だ。
取説には、山道を走るようには設計されていないと書いてあった。次回パンクしたらチューブを交換する方が良いだろうな。サイズの違うチューブでも収まるものだと関心した。

完成!

関連記事

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: