レクサスNX200t メンテナンス[1]

2019-10-06

4ヶ月ぶりに帰国しました。家族はレクサスに乗らないので、施錠した後、バッテリのマイナス端子を外していた。まず、メカニカルキーでドアを開けて、バッテリの端子を戻します。ECUのメモリが消えているので、10分くらい暖気してゆっくり走行して学習させます。前回のオイル交換から1年経過してしまったのでオイル交換、タイヤを純正に戻しました。

R0028020s.jpg

運転席のドアノブにメカニカルキーを差し込むようになっている事を知っていたが使うのは初めてだ。最初、開錠できないので悩みました。小さな鍵を回すのは力が要ります・・・

R0028018s.jpg

電池切れなどでスマートキーでドアが開錠できない時のために、スマートキーにはメカニカルキーが仕込まれています。なんと、カート型にもメカニカルキーが入ってます。これを取り出します。

R0028022s.jpg

鍵穴にメカニカルキーを差し込むと、右には90度回るが感触無し。左には30度くらいしか回らない。マニュアルは車の中だから読めない。まさか、電磁ロックじゃないよな・・・。google検索すると、アンロックは左に回せと書いてあるので、何度かやっていると開錠できました。鍵の先端が小さいので、回すにはかなりの力が要る。

P_20191004_225929s.jpg

バッテリ端子を外していたので、4ヶ月経過しても 670CCA, 内部抵抗 4.46mΩで健康な状況。

P_20191005_070804s.jpg

P_20191005_070959s.jpg

10時間ほど充電して FULL になりました。
670CCA, 内部抵抗 4.46mΩで SOC 98% まで回復。

R0027963s.jpg

昨年10月のオイル交換は 31,474km でしたので、5.850km 走行しました。1年経過したので、できるだけ早期に交換したい。ECUのメモリが消えているので、10分ほど暖気して、10分ほどゆっくり走行しました。これで、オイルが温まっているはず。

なお、ガソリンは半分ほどにしてあります。ガソリンは、半年以上経過するとガソリンの成分が変化するそうで、できるだけ早期に給油したい所です。現在のガソリンタンクは、樹脂製なので満タンにしなくても錆びる心配は無いそうです。

R0027944s.jpg

20L缶は、レクサスNXを交換して、ダイハツ タントを交換するとほぼ使い切る計算でした。

R0027945s.jpg

R0027946s.jpg

スロープでエンジン下のスペースを確保して、オイル交換します。

R0027948s.jpg

R0027950s.jpg

R0027952s.jpg

汚れたオイルの処理箱を使います。コーナンが安かったので以前まとめ買いしたもの。

R0027953s.jpg

今回フィルタ交換しないので、4.7L入るはず。4.5L入れてゲージを確認するとピッタリでした。

R0027994s.jpg

R0028017s.jpg

純正の18インチタイヤに戻しました。TPMS もちゃんと機能するようになりました。
外した20インチタイヤは、綺麗に洗って空気圧を150hps以下に下げておきます。タイヤカバーをして室内保管します。

R0027909s.jpg

シャンプー洗車しましたが、イオンデポジットがかなり出来ているので、水滴を拭き取る時に斑点が見えます。乾くと目立ちませんが、イオンデポジットは全体がくすんで見えるので、以前買った「DETAILING LIQUID ウォータースポット除去剤」を冷蔵庫で保管してありましたので、これを試してみる事にします。

続き レクサスNX200t メンテナンス[2] を読む>>

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: