50W x2 Power Amplifier を買いました(2)

2019-12-26

Nobsound Power Amplifier 2 Channel 50W x 2($37.99+Tax)を買いました。ELAC Debut 2.0 B5.2 は 8Ω なのでパワー不足になりがちですが 50Wx2 なので余裕があります。Bluetooth 5.0 は不要だと思っていたが、これがあるとスマホから音楽を再生できるし、PCからケーブル無しで音楽を再生できるので便利です(過去記事はこちら)。

P_20191224_213734_x.jpg
Nobsound Power Amplifier 2 Channel 50W x 2 with Bluetooth 5.0, USB ($37.99+Tax) ★★★

残念なのがこのVUメーターです。ライン入力レベルでLEDが動きますがデザインセンスが悪すぎる。これなら、無い方がマシだ。しかも、L と R が同じ動作をしている(バレないと思ったのか)。ボリュームを押すと入力を切り替える事ができますが、この表示のLEDが点で点灯するので文字が読めない。LEDに拡散シートを入れないとダメだろう・・・。

P_20191223_202657_x.jpg

P_20191223_202741_x.jpg

P_20191223_202904_x.jpg

P_20191223_203036_x.jpg

ACアダプタは DC 19V3.5A(65W) でした。

P_20191223_202805_x.jpg

P_20191223_202812_x.jpg

英文の簡易マニュアルでした。

P_20191224_144605_x.jpg

miniUSB-USB A、3.5φ-3.5φSTEREO Audio、3.5φSTEREO-RCA Pin Audio が付属します。

P_20191223_202952_x.jpg

P_20191223_203001_x.jpg

P_20191224_211509_x.jpg

アルミケースかと思ったら、プラスチック製でした。よく見ないとわからない。
触ると高級感はありませんが、仕上がりは良い。

P_20191224_144259_x.jpg

P_20191224_144316_x.jpg

スピーカ ELAC Debut 2.0 B5.2
DAC iFiAudio nano iDSD LE

赤いボタンを長押しすると 電源がON/OFFします。
ボリュームは電子式でクリック感があります。ボリュームを押すと入力I/Fを順に切り替えます。RCA, AUX,USB, Bluetooth の順に切り替わりますが、接続されていないI/Fはスキップします。

P_20191224_144455_x.jpg

付属の miniUSB-USB Aケーブル は使えましたが、あまり良い品ではないので、スマホに付属してたものを使いました。

SC19122503.jpg

USBをPCに接続しただけでは、USB DACは認識されず、I/F をUSBに切り替えるとPCが認識して再生できるようになります。デバイスマネージャを確認すると、JieLi BR21 が追加されました。内臓USB DAC は iFiAudio nano iDSD LE と聞き比べると違いますが、十分使えると思いました。JieLi BR21 の音声コントr-るが少し変で、PCの音量を操作するとアンプの音量も連動して動きます。また、RCA に接続した iFiAudio nano iDSD LE で再生中にアンプの音量を最小にすると、スピーカの音が消えますが、すぐに1段戻って小さな音で再生してしまうのも謎です。

SC19122504.jpg

I/F を Bluetoothに切り替えるとLEDが点滅。Douk Audio TONE にペアリングすると点灯になります。これは期待していなかったですが、お手軽に無線で音楽を聴けるのは便利ですね。

P_20191224_213734_x.jpg

VU メータは、入力レベルに応じてLEDが動きます。良く見ると L と R が同じ動きをしています。
VU メータの中心に赤い点が点灯してますが、左の赤はDC電源通電で点灯、右の赤は電源ONで点灯します。なんで、こんなデザインにしたんだ・・・
入力I/Fの表示も 正面から見ると文字が読み取れるが、斜めから見ると点灯している位置で確認するより無い。LEDの距離をもう少し離して拡散レンズか白いシートを入れないとダメだ。

P_20191224_211259_x.jpg

P_20191224_211327_x.jpg

動作が確認できたので、分解してみました。
内部は組み立てが面倒な設計になっているようですね。

肝心の音質ですが私の環境では十分です。もちろん、10万円クラスのオーディオアンプと比べたらだめですよ。
なお、24V 電源に変更して、4Ωのスピーカで再生すると、50W x2 となるらしい。

ひとつ残念だったのが、Optical (SPDIF) の入力が無い事です。PCで Amazon Prime Video、ティーバー、AbemaTV を再生する時は、USB DAC で再生可能ですが、SONY Blue-rayプレーヤで再生した場合、プレーヤはHDMIかCOAX しか無い。テレビの音声出力は Optical しかないので、これを接続するには、Optical - RCA 変換を買う必要がある。いやいや、そんなBOXを買うくらいなら、Optical 付きのアンプに買い替えるか・・・

そのくらい、このLED VUメータが受け入れられない。
でも、買ったばかりだしな。

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: