スピコンにスピーカケーブルを接続

2020-04-22

PA用パワーアンプのスピーカ端子にはノイトリック社のスピコン(Neutrik SpeakON) が採用されている。スピーカ駆動の電力を流す事が可能で、ロックする機構で誤って抜ける心配が無い(過去記事はこちら)。

R0028493s.jpg

スピーカケーブルをコネクタに差し込んでネジを締めて固定するので、緩んだり抜ける心配が無い。ワンタッチで外す事ができるので、便利ですよ。4芯のカナレ4S8 スピーカケーブルでバイアンプ接続も簡単です。

Sc2020042201.jpg

Sc2020042200.jpg

NEUTRIK NL4FX は高いので、互換コネクタを買いました。

R0028439sx.jpg

R0028440sx.jpg

差し込んで右に回すとロックされ、爪を引いて左に回すと外れる。

R0028441s.jpg

R0028442s.jpg

穴にケーブルを差し込んでプラスドライバーで締めると固定される。

R0028444s.jpg

このプラスネジはポジドライバーでないとネジをナメル恐れがあるらしいので、ポジドライバーを買いました。

R0028406s.jpg

R0028412s.jpg

ここでは、小さいサイズPZ1を使いますが、IKEYA など輸入家具の組み立てにもポジドライバーを使うらしいので、PZ2 も併せて買いました。

Sc2020041903.jpg

4極コネクタを2極で使う場合は1+/1-に接続します。

Sc2020041902.jpg

Sc2020041904.jpg

PLD4.2 のスピーカ端子は、マニュアルを読むと4端子で接続する場合、CH A には、CHB が 2+/2- に配線されているのが確認できた。4芯のカナレ4S8 を使うと1本でバイアンプ接続ができる。これは、次回、B&W CM5 を接続して試してみたいと思います。

R0028449s.jpg

R0028446s.jpg

1+ に赤、1-に黒でマーキングして配線しました。

R0028451sx.jpg

これで完成です。このコネクタはオーディオ製品のスピーカ端子に採用されているバナナプラグよりも便利なので、もっと普及しても良いと思いました。プラスネジが日本では特殊だから普及しないのかも・・・

R0028494s.jpg

A,B に DIATONE DS-503 を接続、C,D に ONKYO D308M を接続しました。
1:A、2:B、1:C、2:D に変更すると、4スピーカーで再生できるようになります。
今回は試していないが、2個のスピーカが離れている場合は、近い方の Delay を調整して、同時に音が到達するように調整する事ができます。

Sc2020041700s.jpg

Sc2020041701s.jpg

どちらもフルレンジスピーカーですが、A,B (DS-503)を ローパスに設定して低音のみ再生、C.D (D308M) にハイパス設定にして高音のみ再生する事もできました。この機能を使えば、LCネットワーク無しで直接スピーカを駆動できる。

Sc2020041207s.jpg

AC100V 電圧、電流 も監視しています。テーブルタップで配線しているためか、電圧変動が凄いです。

Sc2020041206s.jpg

ヒートシンクと電源の温度もモニタできます。

R0028523s.jpg

アンプの名前を付けたり、スピーカの設定を記憶する事もできます。LCDパネルにはタイムアウトで好きな写真を表示させる事もできます。

電源ボタンはリアにあります。
パネルの電源ボタンを押すと全MUTEとなり、2秒間押すとスタンバイとなります。スタンバイでは電源は生きていて、冷却ファンはゆっくり回り続けます。完全に電源OFFするには、リアパネルの電源をOFFにする必要があるのが難点です。

関連記事

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: