ドライブレコーダのリアカメラを取り付ける

2020-06-22

Changerドライブレコーダー(8,800円)をハスラーに取り付けます。リアカメラの映像はルームミラーの代りに映すので視界は重要。リアカメラの取り付け位置が重要で、あまり低い位置に取り付けると、後続の車のヘッドライトに照らされる。リアゲートの室内上部に取り付けると、雨天でもワイパーで拭き取ることができるのを確認済みです(過去記事はこちら)。

R0029568s.jpg

2mm厚のアルミ板をL型に加工して取り付けました。ちょうどカメラが熱線の間に来たのでいい感じです。

R0029490sx.jpg

ハッチバックから室内にカメラの配線を通すには、ハッチバックの蛇腹を通す必要があり何度やってもこの作業は大変です。

R0029491s.jpg

2mm厚のアルミ板をL型に加工して、リアカメラを取り付けます。

R0029494s.jpg

艶消し黒に塗装しました。

R0029496s.jpg

配線を通す穴を開けます。この位置にはハイマウントストップランプがあるので、壊さないように注意しながら穴を開けました。カメラのプラグは3PのL型プラグなので、これが通る穴を開けました。

R0029495s.jpg

しかし、蛇腹にL型プラグを通すのは無理でした。毎回、同じ失敗をしているようですが、配線をどこかでカットして、室内からカメラの配線を通す作戦に変更。

R0029497s.jpg

後部席のシートベルトネジを外して内張りを履かします。

R0029541s.jpg

R0029542s.jpg

室内から蛇腹の根本にカメラの配線を通します。

R0029499s.jpg

R0029498xs.jpg

カメラ位置まで配線が通りましたので、カメラと配線をハンダで接続します。

R0029504s.jpg

R0029505s.jpg

3本+GND をハンダで接続して耐熱チューブで処理しておきます。
赤い線にバックランプの+12Vを接続するとガイドが表示されます。使わないのでカットしました。中央に10kΩが入っているようですので、接続する方はこの抵抗をカットしないように。

配線の後、ドライブレコーダに接続して動作確認しておきました。

R0029502s.jpg

R0029503s.jpg

大きな穴を開けてしまったので、グロメットを加工して蓋をします。

R0029569s.jpg

リアカメラをネジL型金具に取り付け、L型金具は付属の両面テープで張り付けました。タッピングネジで固定するつもりでしたが、穴あけ時にリアガラスを割る恐れがあるので、両面テープのみにしました。この3Mの両面テープは強力なので大丈夫そうです。

R0029581s.jpg

外から見るとこんな感じで熱線を避ける事ができた。

R0029545s.jpg

R0029549s.jpg

カメラケーブルは、屋根を通して前方まで配線を通します。

R0029564s.jpg

これで、リアカメラの配線が出来ました。後は、GPSアンテナ、電源を配線して完了です。

続き ルームミラー型ドライブレコーダを取り付ける を読む>>

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: