実験用 可変直流安定化電源

2020-09-12

DC12V 30A の電源を持っているが、電圧の可変範囲が狭いのと、電圧を確認するにはデジタルマルチメーターを接続する必要があるので実験用には不便でした。0-30V 10Aの電源が安かったので買ってみました。

R0030262s.jpg

Flycow 可変直流安定化電源 DC 0-30V 0-10A 4桁電圧・電流表示(6,273円 タイムセール)

デジタルマルチメーターの電圧表示と比較すると少し誤差があるが、この程度なら問題無いだろう。電圧の可変は電子式ボリュームで、電流制限は可変抵抗式でした。電圧を簡単に可変できるのは便利です。

SC2020090503.png

3桁LED表示のタイプは 5,848円 でした。

SC2020090500.png

SC2020090501.png

3桁で十分なんだけど、425円差なら4桁LCDの方がカッコいいので、こちらを購入しました。
0-30V 0-5A のモデルはもう少し安いが、車載DC12V機器を接続する場合5Aでは足りない恐れがある。
もう少し出せば、電圧をボタンで設定してメモリに記憶するタイプもあったが、それは無駄遣いか。

R0030248s.jpg

R0030250s.jpg

R0030252s.jpg

どうすれば、こんなに安くできるのか・・・

R0030251s.jpg

AC電源ケーブル、ワニ口クリップとテストプローブが付属している。

R0030254s.jpg

日本語マニュアルも付いてます。

R0030257s.jpg

R0030256s.jpg

質感は悪く無いです。
LCDパネルに傷があると思ったら、傷防止シールを剥がせば綺麗になりました。

R0030267s.jpg

R0030266s.jpg

ワニ口クリップが便利そうですが、テストプローブを取り付けるには、端子の摘まみを取る必要がある。+端子のつまみは赤にしてほしかったな。

R0030262s.jpg

電圧表示をデジタルマルチメータ SANWA CD771 と比較しました。何年も前に購入して公正していないから、どちらが正しいのか不明ではあるけれど、(**.**V)の数字はマルチメータの数字。

5.00V (4.98V)
13.80V (13.69V)
24.00V (23.81V)

電圧を設定した後、+端子と-端子をシュートさせて最大電流を設定します。
マニュアルでは、5V に設定した後、5A に設定する例を説明してありましたが、電圧を変更しても設定した電流制限は変わらないようです。

R0030308s.jpg

R0030311s.jpg

車載12V機器の電源として使う場合は、シガーソケットを付けておくと便利。バナナプラグをハンダ付けして自作しました。

R0030269s.jpg

R0030270s.jpg

一応、分解して中を確認。パネルは樹脂製でカバーのネジで固定されていました。木ネジで止めてあるので、数回でネジが効かなくなるので、分解しない方が良いです。

R0030272s.jpg

青いのは可変電圧のボリュームです。
電子式でクルクル回転するので微調整も可能。

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいですね、これ
自分は、大昔に自作した電源を使ってますが
電流がそんなに取れず、自作しようか購入しようか
迷ってます
Amazonで買えば、結構いいのがあるんですけども
今一踏ん切りがつきません
こんなことを考えつつ、もう一年くらい悩んでます
まあ、自作もいいけど最近細かなものが、うまく見えません
買うしかないかな

No title

コメントありがとうございます。
私もルーペ型眼鏡がないと、細かな作業は厳しいです。少しでも楽ができるならと、買いました。

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: