80系ハリアー JBLプレミアムサウンドシステム改造(4)

2020-11-07

AliExpress で Aiyama 3インチ フルレンジ ネオジウムマグネット 4Ω30W ($13.95 x2) を買いました。80系ハリアーのダッシュボードスピーカは小さいので、ここに入るか心配でしたが、ピッタリのサイズでした(過去記事はこちら)。

R0031082s.jpg

5mm の MDFを加工してバッフルボードを作ります。今回は、段ボールで型紙を作成しました(写真は木目ですが段ボールです)。

クロスオーバーネットワークが何処にあるのか確認できていません。今回は、Aピラーを分解してツイータの配線を確認します。

R0031040s.jpg

R0031042s.jpg

ドアゴムを剥がしてAピラー隙間に指を突っ込んで内張りを剥がします。

R0031043s.jpg

R0031044s.jpg

エアバックが飛び出す構造になっているので、特殊なクリップで止めてあります。
2個のつめをつまむとクリップが外れます。

R0031045s.jpg

R0031053s.jpg

飛び出したバネを戻しておきます。

R0031048s.jpg

R0031055s.jpg

R0031049s.jpg

ツィーターが確認できました。このコネクタは従来タイプですね。インピーダンスの表記は無い。

R0031050s.jpg

ツィーターにはコンデンサが付いてました。
配線はMIDと別になっているので、どこかにクロスオーバーネットワークがあると思っていましたが・・・

R0031064s.jpg

R0031074s.jpg

助手席まわりを分解しました。ドアスピーカに別配線を追加するのは可能です。
クロスオーバーネットワークをこのあたりに置いて、別配線でウーファ、ミッド、ツイータを配線するのは可能ですが、アンプのスピーカ出力が何処にあるか調べる必要がある。

R0031056s.jpg

R0031057s.jpg

ミッドスピーカを分解します。

R0031058s.jpg

R0031060s.jpg

R0031061s.jpg

ミッドスピーカは、スピーカの後方が密閉されていなくて、消音材が貼ってあるだけです。スピーカ全面のスポンジとパネルで後方に漏れる逆位相の音と分離してあるだけなので、これをなんとかしたい。

R0031079s.jpg

R0031080s.jpg

純正ミッドスピーカも悪く無いかも知れないけど、交換するスピーカは3インチフルレンジ 4Ω30W に交換します。サイズは変わらないがネオジウム磁石が使われていてコーン紙はストロークがあり、低音も再生できる。

R0031081s.jpg

R0031077s.jpg

段ボールをハサミで切りながらバッフルボードの型紙を作成します。
スピーカを置いてみると、この角度なら収まりました。

R0031082s.jpg

R0031083s.jpg

R0031085s.jpg

なんとか付きそうです。良かった・・・

R0031090s.jpg

スピーカの高さが11mmなので、5mmのMDFでバッフルを作れば取り付けできそうです。

R0031089s.jpg

バッフルが完成してから、化粧カバーが干渉しないか確認をする必要がある。ギリギリの設計なので、再生した時にコーンエッジがカバーに接触する恐れがある。カバーの枠をカットすれば余裕だが、カットしてしまうと元に戻せなくなってしまう・・・

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: