DIATONE DS-503 クロスオーバーネットワーク交換(1)

2022-02-21

DIATONE DS-503 のミッドレンジを PARC Audio 10cmウッドコーンスピーカーに交換しました。40年くらい前のスピーカであること、6.5cm ボロンドーム型ミッドレンジがかなり癖のある特性でしたのでクロスオーバーネックを交換しておきたい。

R0036531s.jpg

クロスオーバー周波数は、500Hz/5KHz で12dB/oct の3way でしたので、これに近い特性のネットワークをAliExpressに発注しました。これの準備として、スピーカ端子をバナナ端子に対応したものに交換しておきます。

SC20220220004.png

DIATONE DS-503のスペックはこちら

クロスオーバー周波数は、500Hz/5KHz で12dB/oct の3wayとなっている。
空芯コイルを使うなどかなり高級な設計であるが、電解コンデンサを使っているので経年劣化しているはず。コンデンサのみ交換しても良いが、取り外さないで回路を追うのは無理でした。そこで、これに近い仕様のクロスオーバーネットワークを探しました。

SC20220220000.png

SC20220220001.png

SC20220220002.png

SC20220220003.png

3Way ネットワークは多数見つかるが、クロスオーバー周波数の表記が無いものが多い。これはAIYIMA製で 550Hz/4800Hz で 4-8Ωなので、要求にぴったり。端子台にねじ止めする構造も良い。価格もリーズナブルでしたので、これを手配しました。

入荷するまで、準備をしておきます。

SC20220220005.png

DS-503 のスピーカ端子はバナナプラグが刺せないので、スピーカ交換が面倒でした。
ついでにバナナ端子に対応した端子に交換しておきたい。

R0036526s.jpg

端子裏を確認する前に注文したので、半田付けするタイプを購入してしまいました。

R0036524s.jpg

R0036525s.jpg

R0036528s.jpg

ねじ止めタイプにしておけば、そのまま接続できたのに・・・
買いなおしはもったいないので、これでゆきます。

R0036529s.jpg

R0036530s.jpg

DS-503のスピーカ端子は、空回りしないようにD型の穴で接着されていたので、金づちで押し出してからドリルで穴を開けました。

R0036534s.jpg

R0036533s.jpg

丸端子を接続して、M4ネジで接続しました。ビニルテープで絶縁しておきます。ネットワークが届いたら、この端子に接続する予定です。

R0036536s.jpg

これで、バナナ端子で接続できるようになりました。
続き DIATONE DS-503 クロスオーバーネットワーク交換(2) を読む>>

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。OPPO Reno5 A、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: