DIATONE DS-503 クロスオーバーネットワーク交換(3)

2022-05-04

DIATONE DS-503 のクロスオーバーネットワークを AliExpress で購入した 3Way ネットワークに交換します。S-503 のクロスオーバー周波数は、500Hz/5KHz で12dB/oct の3wayとなっている。AIYIMA製 3Wayクロスオーバーネットワークは 550Hz/4800Hz で 4-8Ω となっている(過去記事はこちら)。

R0011157s.jpg

もとに戻す事を考えて、純正のネットワークはそのままにして、新規に配線しました。
交換する前はツィーターの音が強めに出ていましたが、クロスオーバーネットワークを交換すると 全スピーカがバランスして落ち着いた音に変化しました。悪く言えば平均的で特徴がなくなったとも言えるかも・・・

R0011142s.jpg

R0011148s.jpg

スピーカを全て取り外しました。

R0011151s.jpg

スピーカ裏の端子を取り外して、R2-4丸型端子で接続。クロスオーバーネットワークに新しいスピーカケーブルを接続します。スピーカケーブルはAWG14(2.0SQ)で、 ウーファ、ミッド、ツィーターを区別するためにラベルを貼っておきました。

R0011153s.jpg

R0011154s.jpg

R0011157s.jpg

クッション材を端子下に張り付けて、もくねじで固定しました。
既存のクロスオーバーネットワークは、試聴して問題がなければ取り外す予定でしたが、取り外さずにそのままです。振動でノイズが出ないように縛っておきました。

R0011160s.jpg

スピーカ側の平端子は、3種類がセットになったものを購入しました。

R0011176s.jpg

圧着してさらに半田付けしておきました。

R0011178s.jpg

R0011164s.jpg

R0011165s.jpg

スピーカを戻して完成です。

SC20220426005s.jpg

SC20220426004s.jpg

QSC4.2のアンプでスピーカのインピーダンスをモニタする事ができます。
ウーファ、ミッド、ツィーターは全て6Ωですが、アンプから見ると中高音は4Ω前後で、低音のソースを再生すると6Ωくらいに変化しました。

ネットワークを交換する前は、ツィーターの音色が強めで固い音質でしたが、ネットワークを交換した後は、ウーファ、ミッドレンジ、ツィーターがバランス良く分担して再生している感じです。大変聞きやすく優しい音になりました。
ミッドレンジは、ネットワークに -3dB のスイッチが付いていますが、-3dB にすると中音域が物足りない感じがしたので、減衰無しの1Ω 側に設定しています。しばらく、これでエージングをすれば落ち着いてくると思います。

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。OPPO Reno5 A、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: