LCD表示付きの昇降圧DC-DCコンバータ (2)

2022-12-01

安価な LCD表示付きのDC昇降圧コンバータを買いましたが、電流・電圧の変更が半固定ポテンショメータであった。つまみで調整できるポテンショメータに交換しても良いが、どうせならデジタル式で電圧変更が出来たら便利なのにとAliExpress を捜していたら、見つけました(過去記事はこちら)。

PB300710s.jpg
Diymore 0.6-30V 4A 35w 昇降圧DC-DCコンバータ (1,167円)

入力は5~30V、出力0.6V~30V 4A 35W(Max50W) まで、DOWN/SET/UP/STOP のボタンで設定変更します。電流制限も設定可能で、動作時間や電力など設定可能でバッテリ充電用に設計されているようです。

AliExpress でボタンで電圧・電流を変更可能なDC-DCモジュールを2つ見つけました。

SC20221112005.png

こちらはアクリルケースが付きます。

SC20221112003.png

こちらの方が性能が上みたいなので、こちらを選択。

PB300653s.jpg

PB300660s.jpg

PB300658s.jpg

1ヵ月ほどかかる予定でしたが18日で届きました。
基板には最初から足が付いてました。説明書など付属していません。

PB300661s.jpg

PB300665s.jpg

前回実験に使ったACアダプタを接続しました。基板サイズはぼぼ同じで放熱版が少し大きい。
[UP] [DOWN] で出力電圧をいつでも変更できます。DC OUT に 12V CPUファンを接続しました。

SC20221130012.png

DC IN に DCジャックが用意されているのでACアダプタを接続するのに便利。

PB300686s.jpg

USB A は DC OUT と同じ電圧が出ているので注意が必要です。12Vに設定するとUSBに12Vが出ます。これは無い方が良いかも。

PB300680s.jpg

[STOP] で DC OUTを ON/OFFできます。OFF にすると電圧も 0V になります。
電源ON時に ON するか OFF するか設定で変更可能です(後述)。

PB300721s.jpg

Lenovo U310 のACアダプタ 20V2A を接続してみました。DCプラグはφ5.5-2.1mm でしたが刺さりました。

PB300716s.jpg

[STOP]を長押しすると IN と表示が出て、DC INの電圧と電流が表示されます。
[STOP]を長押しで積算時間 (h, Wh, Ah)をリセットする機能も割り当てられています。

PB300672s.jpg

[SET] で 下段に表示する単位を A, W, Ah, Wh, h の順に変更できます。
Ah, Wh, h は DC OUT が ON の時のみカウントアップします。

PB300710s.jpg

[[SET] を長押しすると CCが点滅して [UP][DOWN]で電流制限の値を設定できます。
操作しないと1秒くらいでCV(電圧)に戻ります。

PB300690s.jpg

[SET] をもう少し長押しすると LUP と表示され設定モードに入ります。
LUP は、おそらく Low Voltage Protection (最低電圧制限) で4.7V~32Vまで[UP][DOWN] で変更できます。4.7V の時、DC IN が4.7V 以下になると、DC OUT を停止します。[SET] で次の項目に移り、[SET]長押しで保存して通常モードに戻ります。

OUP は Over Voltage Protection (最高電圧制限) で 32.00 の時、DC IN が 32V を超えると、DC OUT を停止します。
OCP は Over Current Protection (過電流制限) で 4.20A の時、DC IN が 4.2A を超えると、DC OUT を停止します。
OPP は Over Power Protection (科電力制限) で 36.00 の時、DC IN が 36W を超えると、DC OUT を停止します。
OAH は 設定した Ah でDC OUT を停止します。---- 表示は無効で [SET] で 0000 Ah に変更して [UP][DOWN]で設定します。
OPH は 設定した Wh でDC OUT を停止します。---- 表示は無効で [SET] で 0000 Wh に変更して [UP][DOWN]で設定します。
OHP は 設定した 時間 でDC OUT を停止します。--:-- 表示は無効で [SET] で 00:00 Wh に変更して [UP][DOWN]で設定します。
CV のみ表示した時 [UP][DOWN] で CV と CC を選択しますが、意味不明。
ON のみ表示した時 [UP][DOWN] で OFF と ON を選択します。電源投入時に DC OUT を ON するか OFFするか設定します。

PB300711s.jpg

[SET]をさらに長押しすると LOC ON と表示して、鍵のマークが点灯、電圧変更を無効にします。もう一度[SET]をさらに長押しで LOC OFF と表示して、鍵のマークが消灯します。

PB300725s.jpg

DC IN が 4.7V を切ったので LUP と表示して OFF しました。4.7V を超えると自動復帰します。
OAH OPH OHP でOFFした場合は、[SET] で ON すると再スタートします。

ソーラーパネルなど不安定な電源からバッテリに充電する事を想定して、色々な機能を満載しているようです。
以前、秋月の鉛バッテリ充電キットを改造して充電器を自作しました(過去記事はこちら)。これをベースに作り直しても面白いかもしれませんね。

関連記事

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。OPPO Reno5 A、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: