コニカル式コーヒーミル TIMEMORE C3ESP

2023-11-01

メルカリでデロンギのエスプレッソマシン EC200N を買いましたので、臼式の電動ミルをメンテナンスしました。しかし、このミルではエスプレッソ用の極細目を挽けないらしい。そこでエスプレッソに対応したコニカル式(コーン式)の手動ミルを買う事にした(過去記事はこちら)。

IMG_20231031_210717197_R.jpg
TIMEMORE C3ESP コーヒーミル(セール12,144円 ポイント5%+5.5%)

KINGrinder K4(12,900円 ポイント5%+5.5%) と比較。迷いましたが TIMEMORE C3Sシリーズは蓋の部分がアルミ製である事と、Amazon のセールでお買い得になったのでこちらを買いました。ポイントアップキャンペーンでさらに5.5%付くのか不明ですが・・・

セラミック コーヒーミル Karita C-90 はセラミック製の臼を電動で回転させて豆を挽く方式でした。臼が高速で回転するために微粉が多め。微粉はどんなミルでも発生するが、除去してしまうと「すっきりするがやや薄め」になるという。微粉がコーヒーの仕上がりに与える影響は大きいらしい。何よりも C-90 はエスプレッソ用の極細挽きに対応していないらしいので、エスプレッソに対応したコーヒーミルが欲しくなってきた。

エスプレッソ用の極細挽きには、コニカル式(コーン式)の手動ミルが最適。
粗挽きから、エスプレッソ向きの極細挽きまで細かい挽き分けが可能で、手動だと熱が入らないのでアロマが飛ばないらしい。
人気のモデルとリサーチしたところ、KINGrinder と TIMEMORE に絞りました。

SC20231031004.png

SC20231031005.png

KINGrinder は台湾の会社で、K0(5,900円)、K1(6,900円)、K2(8,900円)、K4(12,900円),K6(14,900円) とラインナップされている。
K0 はエスプレッソに対応していないので、K1 以上が必要です。K1 は安いが頻繁にダイヤル調整できない。エスプレッソもドリップも楽しむなら、ダイヤルが上部にある K4、K6 になる。K4 はお買い得そうである。このモデルだけがチタンコーティングしてあるのが気になるな。

SC20231031000.png

SC20231031002.png

TIMEMORE は上海の会社で、C2 との比較される事が多いが C3 がリリースされて、こちらが主力みたいですね。
こちらも、バリエーションが多数用意されていて、C3 MAX は粉受けのサイズが20g から30gに拡大、C3 PRO はハンドルが折りたためる構造になっています。C3S は C3の改良型で、ハンドルの蓋がアルミ製になり、底面にシリコンの滑り止めが貼ってある。
KINGrinder は持ち手の部分にシリコンゴムが巻いてあり経年劣化が心配。TIMEMORE はオールアルミなので耐久性があると思いました。そして、C3ESP は、エスプレッソ用として更にダイヤルの部分が改良されノッチが1周30点と細かく調整可能となり、目盛りが付きましたので使いやすそうですね。

11/1~5 までポイントアップキャンペーンで、C3ESP がセール価格になったので、これは買いでしょう。

SC20231031011.png

注文してから Aliexpress を調べたら、TIMEMORE C3ESP(10,266円)でした。上海の会社だからね・・・
ポイント 5% + ポイントアップ 5.5% を換算すれば差額はあきらめられるか。

SC20231103000.png

Aliexpress では C3S から C3ESP相当に改造するプレートが販売されていました。

IMG_20231031_210257390_R.jpg

IMG_20231031_210414887_R.jpg

なんと、当日配送で夜には届きました。
パッケージは地味です。

IMG_20231031_210454330_R.jpg

IMG_20231031_210717197_R.jpg

布製ポーチと掃除用の筆が付属。

IMG_20231101_173600181_R.jpg

マニュアルはマルチ言語対応で日本語もありました。

IMG_20231101_173412718_R.jpg

アルミ製で質感が高い。

IMG_20231101_172646003_R.jpg

粉受けを外すと調整ダイヤルが見える。容量は20gで小さ目。

IMG_20231101_173305393_R.jpg

底面はシリコンゴムで滑り止めになっている。

IMG_20231101_201715159_R.jpg

右に止まるまで回転させて 0 に合わせた後、左回りで戻します。
ドリップの場合 1.4~2.0周 が最適とある。1.4周とは左に1回転と4目盛り戻した位置となる。写真は1.5 に調整したところで、ここから微調整して好みを探す事になる。
エスプレッソの場合は、0.8~1.1周なので、左に8目盛りまで戻した位置から 4x3 = 12クリックの範囲で細かく調整可能となっている。

IMG_20231101_173339874_R.jpg

IMG_20231101_201552086_R.jpg

ハンドルを外してコーヒー豆を入ます。覗き込むとコニカル式(コーン式)の歯が見えます。
この歯の形状を競い合っているようで、中国企業なのに何やら特許を取得しているらしい。

IMG_20231101_172813184_R.jpg

ダイヤルを左に回すと分解できます。
1周で30クリックあります。

IMG_20231101_172838926_R.jpg

レーザーマーキングされています。
SUS420-D38 202304 S2C 660BURR
S2C は Spike to Cut という意味らしい。

IMG_20231101_172832582_R.jpg

CNC(Computer Numerical Control)で削り出したんでしょうか。芸術品ですね。

IMG_20231101_172852693_R.jpg

外刃も複雑です。

IMG_20231101_202839875_R.jpg

IMG_20231101_202823672_R.jpg

ハンドルの部分もアルミ製で頑丈です。

IMG_20231101_202343804_R.jpg

付属の巾着に入れてみました。
本体とハンドルが接触して傷がつくかもね。

さて、同じコーヒー豆の挽き方でどれほど差が出るのか楽しみです。


関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。OPPO Reno5 A、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: