m.2 NVMe SSD を非対応の古いPCに組み込む

2024-01-28

Yahoo!オークションで買った NEC VersaPro VB-5 の内蔵SSDがm.2 NVME 128GBでしたので、512GB に交換しました。余った128GB を NVMe 非対応の古いPCで再利用するために Clover EFI Bootloader を試す事にした(過去記事はこちら)。

IMG_20240127_104943262_R.jpg
JEYI m.2 NVMe to PCIe 4.0 3.0x4 ssdアダプター(300円)

NVMe to PCIe 4.0 3.0x4 変換アダプタが Aliexpress で安かったので・・・
古いデスクトップPC は、ASUSTeK P8H77-M PRO + Intel Core i5 3550 の構成で、BIOS は UEFI ですが NVMe ドライバが無いので NVMe を起動ドライブにできません。そこで、「Clover EFI bootloader」を起動してNVMe から起動させます。USBメモリで起動するのが簡単ですが、既存 HDD にCloverEFI用パーティションを作成して起動する事にした。少し悩みましたが、NVMe に Windows 10 をクリーンインストールできました。

IMG_20240127_104454586_R.jpg

PCIe 3.4/4.0 x1 のタイプも同じ価格でしたので、間違わないように。

IMG_20240127_104512095_R.jpg

IMG_20240127_104535858_R.jpg

ドライバ、取付ネジが付属します。

IMG_20240127_104635007_R.jpg

IMG_20240127_104943262_R.jpg

m.2 NVMe SSD とPCIスロットのパネルを取り付けます。

IMG_20240128_103030497_Rx.jpg

マザーボードの PCI3.0 x16スロット に装着してUEFI を起動。Windpws10 が起動すると、NVMe SSD 128GB に読み書きできる事を確認。UEFI の起動ドライブ一覧に無い事を確認しました。

1.HDDで Clover EFI bootloader を起動する
設定方法は以下の記事に詳しく解説されているので、この通り操作すれば成功するはずですが、「Clover EFI bootloader」 の使い方を理解していないと動作しなかった時に対処が難しいかもしれません。
M.2SSDとClover EFIを組み合わせた古いPCの高速化(no+e) を良く読んで、「CloverEasyPack」CLOVERCD.zip をダウンロードしておきます。

SC20240127004.png

ディスク0 はWindows 10の起動ディスク用 SATA 64GB SSD (これは、消えても困らない)
ディスク1 はデータ用保存用の3TB HDD (消えては困るデータは、ここに保存されています)
ディスク2 は、今回増設した m.2 NVME 128GB SSD で、ここに Windows 10 をクリーンインストールします。

ディスク1 はGPTでNTFSにフォーマットされていますので、ここに「Clover EFI bootloader」を組み込みます。
ディスクの管理を開いて、プロパティを開いて GPTである事を確認します。

SC20240128005.png

データパーティションで右クリック、ボリュームの縮小をクリック。
D: ドライブを 100MB 縮小します。
空いたスペースにパーティションを作成してFAT32でフォーマットしてドライブ名を割り当てます。ここでは Z: ドライブとしました。
CLOVERCD.zip をダウンロードしてデスクトップに解凍。全て選択して、Z: ドライブにCOPYします。

m.2 NVME 128GB SSD が GPTである事を確認しておきます。

シャットダウンして、C: Windows 10の起動ディスクを外します。
Windows 10 インストール用 USBメモリを取り付け、UEFI を起動します(ASUS の場合は、ロゴ表示中に F2 又は DEL を押します)。

IMG_20240128_103946757_R.jpg

CSM を Disable に変更
CSM(Compatibility Supported Module)は、レガシーなBIOS、レガシーな周辺機器やドライバ、レガシーなOSとの互換性を保つための設定。OSや周辺機器がすべてUEFIにネイティブに対応している場合は「Disable 無効」にします。

IMG_20240128_104006573_R.jpg

Secure Boot を Other OS に変更します。
UEFI対応だけどデジタル署名のないOS、デバイス、ブートメディアを使う時、サードパーティ製ツールなどを使って Windows システムをクローンする時は、Secure Boot を 無効 Other OSに変更します。
※これが有効になっていた場合は、変更するとインストール済みのOSが起動できなくなるなど少しリスクがあるそうです。

IMG_20240128_104034953_R.jpg

ハードドライブのBBSの優先順位、起動オプション の先頭に UFEI OS(SM: WD30EZRX) を指定。
他のドライブは、無効にした方が確実かもしれません。

変更を保存してリセットします。
ASUS UEFI のロゴが消えた後、Windows 10 インストール用 USBメモリ の読み込みが始まれば、成功です。

IMG_20240127_192643743_R.jpg

IMG_20240127_192714433_R.jpg

Windows 10 のインストール先選択で m.2 NVMe 128GB SSDが見えるはず。古い全てのパーティションを削除後、新規に作成すると適切なパーティションを作成してくれます。ここに Windows 10 をインストールします。

ここでインストールが始まらない場合はリセット、または電源OFF/ONで再起動します。

IMG_20240127_125626145_R.jpg

ASUS UEFI のロゴが消えた後、[F8] で 「Clover EFI bootloader」の起動先を選択する画面が表示されます。
キーボードの左右移動キーで起動するドライブを変更する事ができます。
多数表示されるので、判りにくいですが・・・
[F8] を押して変更しないと、前回選択した起動ドライブが再起動後も選ばれる事に注意してください。

この画面は表示しない設定になっているので、EFI\Clover\config.plist をメモ帳で開いて Timeout を検索、次行にあるパラメータの数値を 0 を 5 に変更すると、5秒間この画面が表示されるようになります。

うまく動作した場合は、3,ベンチマークへ

2.USBメモリで Clover EFI bootloader を起動する
上記が上手く動作しなかった時に、USBメモリに最新版を書き込んで試しましたので、忘備録として残しておきます。

SC20240127000.png

最新版を GitHub (CloverHackyColor/CloverBootloader)からダウンロードします。
iso ファイル (Clover-5157-X64.iso.7z) をダウンロードして 7Zipで解凍しました。

iso ファイルはWindows 10で開く事は可能ですが、編集するにはUltraISOを使う必要があります。
UltraISO体験版を無料で試す事ができます。

SC20240128003.png

EFI\Clover\Drivers\off にある NvmExpressDxe.efi (NVMeドライバ)を EFI\Clover\Driver\UEFI に Copy して別名( Clover-5157-X64-NVMe.iso )で保存します。

SC20240127001.png

この iso ファイルをUSBに書き込むには、Rufus を使います。

SC20240128004.png

[選択]をクリックして isoファイルを選択。パーティションはGPT/MBR どちらでも起動しました。
GPT を選択した場合は、ESPモードで書き込む事ができます。

このUSBメモリをUEFIで起動ドライブに指定すると、Clover EFI bootloader 画面が起動するはず。
起動に成功すれば、ここから m.2 NVMe SSDに Windows 10をインストールする事もできると思います。
この環境で色々実験して、カスタムを楽しむのも良いかと・・・

3.m.2 NVMe SSD ベンチマーク

SC20240127007_2024012900215542a.png

Clover EFI bootloader は、B: ドライブにしました。
ディスクの管理でドライブ名を削除すると非表示にできますが、非表示にした後、戻すのは面倒そうなのでこのままにしています。

SC20240128009.png

SC20240128008.png

m.2 NVME 128GB SSD は、PCI3.0 x2 なのであまり早いとは言えないが・・・
健康状態が82% なのも気になるが、このPCは実験用で、C:のデータが消えても被害は少ない。

SC20240128004_20240129002618656.png

SC20240128005_20240129002621144.png

SATA600 の 64GB SSD よりも早くなっています。

参考記事:
Clover EFI bootloader(Project Home Page)
Clover Archwiki(archlinux)
Clover EFI bootloader Wiki(config.plistの詳細)
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。OPPO Reno5 A、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: