ハスラー 手組みでタイヤ組み換え

2024-03-21

ハスラー MR41S のタイヤ 165/60R15 を DIY 手組みで組み換えしました。組み換えるのは4本で16,680円(1,334ポイント)という激安アジアンタイヤ GRENLANDER 165/60R15 81H です(過去記事はこちら)。

IMG_20240318_155330735_R.jpg

昨年、原付2種バイク TDR125 のタイヤをDIY交換するために必要な工具を買いそろえたので、これを使って軽自動車のタイヤを交換します(過去記事はこちら)。バイク用のビートブレーカでビートを落とす事はできまなかったので、四苦八苦しながらタイヤレバーでビートを落としましたが、コツが判りましたよ。タイヤを入れるのはビートクリームをたっぷり塗ると簡単でした。次は、もっと上手く出来る気がします。

IMG_20230613_105244203_R.jpg

IMG_20230613_105320696_R.jpg

IMG_20230613_104918560_R.jpg

昨年、バイクのタイヤ交換で準備した工具。このまま使わないともったいない・・・

1.古いタイヤを外す

IMG_20240316_120249456_R.jpg

バルブコアを外してエアを抜きます。

IMG_20240316_121205620_R.jpg

ビートを落とすため、タイヤとホイルの隙間に灯油+エンジオイルを混ぜたものを歯ブラシで塗りました。途中から、作業性を考えて CRC556 を隙間にスプレーするようにしました。YouTubeでは石鹸水を使用している方も居るようです。

IMG_20240316_120732431_R.jpg

バイク用のビートブレーカで1周押しましたが、あと一歩のところでビートが落ちません。

IMG_20240316_121344993_R.jpg

箱には対応タイヤ幅~150mmと記載されていて、165mm のタイヤは入るのですがビートが深くて無理みたいです。タイヤを押す金具が小さいのとレバーが短いからだと思います。
YouTubeにはパンダジャッキをタイヤに縛り付けて外している人も居ます。

IMG_20240316_123836048_R.jpg

以前、YouTube でタイヤレバーでビートを落とす動画を見たのを思い出しながら、タイヤレバーでビートを攻撃しました。
タイヤレバーの爪を上向きに差し込んで隙間を広げて、爪が下向きのタイヤレバーでビートをはぎ取る感じで1周してオイルを浸透させた後、ビートを下げた位置でホイルとビートの隙間に爪を差し込むとビートが落ちました。

裏側も同様にビートを落としますが、裏は簡単に落ちます。

IMG_20240316_124240158_R.jpg

IMG_20240316_124459963_R.jpg

ビートヘルパーを差し込んでビートをホイルの低い位置に固定してからタイヤレバーで外してゆきます。

IMG_20240316_130548655_R.jpg

裏側は、タイヤを立てて外しました。

IMG_20240318_132952482_R.jpg

1本目はホイル表面から見て耳の裏にはタイヤレバーの傷がはいりました。ビートが当たる部分は傷が付かないように注意すれば、耳の部分や、ビート内側の山は多少傷が入っても気密性には影響しないと思います。

IMG_20240316_152632058_R.jpg

1本目は1時間かかりましたが、2本目からは1本30分くらいで外せました。
予定外の作業で疲れたので初日の作業はここまでとして、以下の作業は別日に仕切り直しとしました。

2.ホイル掃除とバルブ交換

IMG_20240318_141550267_R.jpg

バランスの重りをヒートガンで熱して取ります。こんなに沢山貼ってあるの・・・

IMG_20240318_132548006_R.jpg

残った糊は熱した後、指の爪で剥ぎ取り、パーツクリーナで綺麗に掃除しました。これが結構大変でした。

IMG_20240318_153445344_R.jpg

外周の重りは専用工具があれば簡単に外れるのですが、無いのでプライヤで外しました。

IMG_20240318_144906853_R.jpg

IMG_20240318_141220580_R.jpg

IMG_20240318_141244884_R.jpg

バルブの裏をカッターで切断して古いバルブを表から引き抜きます。

IMG_20240318_154030141_R.jpg

ホイルのビートが当たる部分とバルブの穴をパーツクリーナで綺麗に掃除します。

IMG_20240318_153818620_R.jpg

気密性に影響がありそうな傷がある場合はサンドペーパーで塗装面を平らに補修しておきました。

IMG_20240318_154119649_R.jpg

IMG_20240318_154201818_R.jpg

バルブにビートクリームを塗って工具で引っ張ります。

SC20240323000.png

交換したバルブはTR412なので一般的なTR413より短いですが問題なく付きました。

3.新しいタイヤを入れる

IMG_20240318_154618065_R.jpg

タイヤは OUTSIDE や 回転方向の表示がありませんので、バルブマークが表になるように入れます。
ビートクリームを歯ブラシでたっぷり塗ってから裏返してホイルに乗せます。

IMG_20240318_154722284_R.jpg

ホイルを立てて入れました。
これはホイルの傷が酷いので最初に外したホイルですね。

IMG_20240318_155022258_R.jpg

タイヤの黄色いマークは「軽点マーク」と呼ばれタイヤの最も軽い場所なので、バルブの位置に来るように組付けます。

タイヤの赤色マークは「ユニフォミティマーク」と呼ばれタイヤの外径が最も大きい場所です。ホイルのリムに白いマークがある場合は「ボトムマーク」と呼ばれホイルの外形が最も小さい場所です。タイヤの赤いマークとホイルの白いマーク合わせるとタイヤが新円に近づき、さらにウェイトでバランスをとると完璧になるらしい。

ビートヘルパーをセットします。

IMG_20240318_155330735_R.jpg

プロテクターがあると入れにくいので、プロテクター無しで入れました。

IMG_20240318_155432267_R.jpg

裏返して裏からタイヤを足で踏んでビートがホイルに密着するようにします。

IMG_20240318_155516348_R.jpg

IMG_20240318_155539394_R.jpg

バルブを外してエアを入れると「パン、パン」と2回音がしてビートがあがります。

IMG_20240318_155712076_R.jpg

バルブを入れて250kPa に調整しました。
ホイルの表を綺麗に掃除して1本完成です。

IMG_20240318_155904876_R.jpg

タイヤを入れる作業は30分/本くらいでしたので、タイヤの取り外しが2時間30分 + 取付けが2時間 + かたずけ30分 でトータル5時間くらいの作業でした。

作業後にYouTubeで手組みの動画を見ると理解が深まります。


【整備】タイヤレバーでビード落とし

タイヤレバーによるビート落としは、この説明はとても参考になります。これを作業前に見ておけばよかったのに・・・


タイヤ手組み 18インチ四本組み替えても疲れない方法 DIY

新しいタイヤを裏から組み込む方法もあります。これだとリムプロテクター無しでも表面に傷が付かないので良いかも。


【タイヤ手組歴10年の神業】ビード落とし含み 5分半のタイヤ交換!なんとビードブレーカー使いません!

この扁平タイヤをタイヤレバーだけ使って短時間で交換するのは凄い。ベテランはリムプロテクターなんて使わないのですね。
動画を見ながら振り返ると色々反省もあり、次はもうちょっと上手くできると思います。また挑戦してみたいです。

グリンランダー(GRENLANDER)165/60R15 81H 4本セット(17,040円)
タイヤレバー3本 リムプロテクター2個セット(1850円)
ビードヘルパー3個セット(990円)
(STRAIGHT/ストレート) ビードクリーム 1kg(918円)
タイヤバルブセット(990円)
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。OPPO Reno5 A、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: