ハリアー改造 スピーカー交換(1)

2010-09-12

30系ハリアーは純正オーディオで6スピーカ仕様となっている。オプションでJBLプレミアムサウンドシステムが用意されていたがあまり評判が良くなかった。
最初は6スピーカで満足していたが、いつかはスピーカを交換したいと思っていた。そこで、NEW ハリアーいろいろ改造・メンテ記 を参考に、スピーカを交換する事にした。

20100912_000

ALPINE 17cmコアキシャル2ウェイスピーカー
STE-172C \9,150

フロントスピーカは、楕円スピーカ(6"×9"、18cm×24cm) という特殊なスピーカーとなっているので選択肢が少なく高価である。バッフル板を交換して、17cmのスピーカに交換している方も多いようだ。バッフルはALPINE からハリアー専用のモノが購入できるが・・・

20100912_001_2

ALPINE では、各車種別にインナーバッフルボードが用意されています。車種適合表が用意されているのでPDFをダウンロードして型番を確認する事ができます。JBLプレミアムサウンドシステムを取り付けている場合は、スピーカのインピーダンスが低いので、4Ωのスピーカに交換するとバランスが崩れてしまいます。全部4Ωに入れ替えればOKかも知れませんが。

20100912_001 20100912_000_2

30系ハリアーでは、フロント KTX-Y173BS、リア KTX-Y171B となっています。どちらも汎用の17cmの丸型スピーカが使えるようになる。また、このバッフルボードを使うと音質がよくなるという。価格は、通販で購入すると、フロント+リアを買っても \6,000~\9,000 程度。これを買うとポン付けできて楽ちんですが、それじゃ普通すぎる。バッフルボードを自作するのも面白いかなと考えている。

41ughsgn7l_sl500_aa300_

穴あけに必要なジグソー(電動工具)は \3,500 ぐらいから買えるようだし、以前からひとつ欲しいと思っていた。後は、バッフルに使うMDF材(中密度繊維板)が、そこらのDIYショップで買えるのかどうかが問題だ。
NEW ハリアーいろいろ改造・メンテ記には、バッフルを作成した時のメモがPDFでダウンロード可能になっている。上の写真を実寸大に拡大して合成すればぴったりのが作れるかななんて・・・・

現物合わせでバッフルボードを作るには、取り付けるスピーカの正確なサイズが必要となるので、スピーカを先に決める必要があります。

20100912_002

こんな時に便利なのが 価格.com カースピーカー の売れ筋ランキングです。純正オーディオに取り付けるので、あまり高価なものは買うつもりは無い。

20100912_003 20100912_004
20100912_005 20100912_006

パイオニア TS-F1710、ケンウッド KFC-RS170、アルパイン STE-172C、アルパイン DDL-RT17C あたりが候補か。クチコミなんかも参考にしながら、アルパイン STE-172C を2セット(前後)購入しました。フロントに DDL-RT17C 又は DDL-RT17S にすれば完璧だが、そんなに予算をかけてもな・・・

続き ハリアー改造 スピーカー交換(2) を読む>>

関連記事

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: