バッテリー パルス充電器(5)

2010-07-05

パルス充電器(デサルフェーター)の2号機がどんな波形をだしているのか確認してきました(過去記事 バッテリー パルス充電器(4) の続き)。

Rimg0286

バッテリの代わりに 57Ωの抵抗を接続した場合の信号です。鉛バッテリの内部抵抗はもっと低いのでこんな綺麗な信号は出ないけど。5Vの電源で18Vのパルス信号が出ていますが、5V を 12V にしても 18V が変化しないと言う問題が・・・・

もう一度、ブロッキング発振ノート の解説を良く読んで動作原理を理解します。ここの波形と同じものが観測できましたので、基本的には動作しているハズ。

Batterypalser2

回路図は、バッテリー パルス充電器(4) から変更していません。

555の出力とバッテリ端子の電圧がどうなっているか確認したかったので、プラスをオシロのGNDに接続して観測しましたので、プラスマイナスが逆に表示されます。

Rimg0277

この波形は、電源電圧 5V で5Ωの負荷を接続しているので、ピークは12V程度となっている。

Rimg0278

トリクル充電のSWをONにすると、FET が ON した時の電圧落ち込みがなくなる。

Rimg0288

負荷を57Ωに変更して抵抗の両端を測定するとそれらしい波形になった。電源が 5V の時にピークで 18V ぐらい出ている。

Rimg0294

しかし、電源を12Vにしても 18V が変化しない事を発見した。

コイルから発生する逆起電力の大きさは、コイルに流す電流の変化率に比例する事になっている。コイルに発生する誘導起電力V は、V=-L dI/dt (詳しくは 自己誘導 )となる。
電源電圧が変化すると、コンデンサに充電される電圧が変化するので、コイルに流れる電流も変化するハズだが、コイルの性能が出ていないのは何故だろうか・・・

①FET が OFF している時間 T2 が短いのか
②コンデンサC4の容量が不足しているのか
③コンデンサC4を低ESRコンデンサに変更しないとダメか

T2を長くするとコイルが飽和する危険性があるのだが、コイルに流れる電流を測定すれば、コイルが飽和しているかどうか判断できたハズ。

続き バッテリー パルス充電器(6) を読む >>

関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

非常に関心を持って読ませてもらいました 
早速自分でも作成しようと思い 通販メーカーで部品を探して
見ましたが トロイダルコイルが見つかりません
個人相手に トロイダルコイルを販売してくれるところをご存知でしたら 教えてもらえないでしょうか
いろんなメーカー(10数社)に問合せしましたが 個人を相手に
しない や 取扱がありません の返事でしたので 最後の
望みをかけて メールします
宜しくお願いいたします

No title

岡 剛さん、コメントをありがとうございます。
トロイダルコイルは、共立電子の通販を利用されるのが良いと思います。定形外郵便なら送料も安いですので、オススメです。
共立エレショップ通販
http://eleshop.jp/shop/c/c110116/
それでは、自作頑張ってください。

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: