Logicool Bluetooth Mouse M555b

2010-01-30

現在は、Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000 (過去記事はこちら) を使っています。別のPC用にマウスを買おうと、今度は Logicool Bluetooth Mouse M555b にしてみました。

Rimg0227

Logicool Bluetooth Mouse M555b \3,364 ★★★★

MS Notebook Mouse 5000 と比較するとスクロールホイールがクリック有無を切り替えられるのがいい。スクロールホイールを左右に倒す機能もある。

Rimg0231

この手のパッケージは、ハサミが無いと開けるのが大変な事が多いのですが、コイツは裏にミシン目が付いているので、手で開封が可能。こんな小さな配慮は嬉しい。

Rimg0232

Rimg0240

意外だったのは、電池が付属していた。

Rimg0233

上から見るとほぼ同じ大きさです。日本人の手には大きすぎず・小さすぎず丁度いいサイズ。

Rimg0235

MS Notebook Mouse 5000(左)の方が少し高さがあります。ホールド感はMSの方がいいかも。

Rimg0237

どちらも、裏面には 1000dpi のレーザーセンサ と 電源SW、Biletoosh のペアリングSWがある。省電力機能があるので、電源SWを切り忘れても大丈夫。

Rimg0239

MS Notebook Mouse 5000は単4電池2本で動作。緊急時には単4電池1本でも動作するのがすごい。カタログには電池寿命について記載は無いようですが・・・
Logicool Mouse M555b は、単3電池2本なのでちょっと重い。こちらは、2本無いと動作しない設計のようです。カタログには2.5ヶ月動作すると記載されている (使用状況によって違う)。

Rimg0241

MS Notebook Mouse 5000 は 89g (エネループ単4電池2本含む)。

Rimg0242

Logicool Mouse M555b は 121g(エネループ単3電池2本含む) ちょと重いけど苦になるほどでは無い。

Windows 7 では、OS標準で Bluetooth に対応している。タスクトレーの Bluetooth アイコンをクリックして、[デバイスの追加] をクリックして認識させる。

Snag0005_2

マウス裏の [CONNECT] SWを押すとマウスが認識される。マウスを選択して [次へ]をクリックすると接続できるようになる。PIN番号(認証コード)の入力は必要ありませんでした(MS も同じ)。

Snag0006

Logicool はマウスの絵が違うけどMSじゃないのでしかたがないか。これだけで、一応すべてのボタンが使えるようになります。

Snag0007

マウスのボタンをカスタム設定する場合は、CD-ROMに付属の SetPoint をインストールする必要がある。最新版をWebからダウンロードしたが、CD-ROM に入っているものと同じバージョンでした。 なんで 55MB もあるのか信じられないが・・

Snag0008

SetPoint をインストールします。

Snag0011

左右ボタンの機能はそのまま変更しない。標準では、スクロールボタンを左右に倒すと横スクロールする設定になっていましたが、左に倒すとブラウザの戻る、右で進むに設定してみた。アプリケーションで切り替えることもできるらしい。

Snag0013

電池マークのタブを開くと、電池の寿命が表示される。これが正確であれば、突然の電池切れも解消できるかも。

まとめ:
Bluetooth でないワイヤレスマウスだともう少し安価なものもあるが、電波の到達距離が気になったので、Bluetooth を選択した。Amazon では、MS も Logicool もほぼ同額で購入できるようです。両方使ってみた結果、持ち運びには MS Notebook Mouse 5000 の方が軽くてオススメ。 デスクトップでじっくり使うなら Logicool Mouse M555b の方が機能が豊富で便利では無いかな。
特に Logicool のクリック無しのホイール操作は、長いページを見る時に軽くで便利でした。机が安定していないと誤ってスクロールしてしまうこともある。ホイールを押すとクリック有りと使い分けできるのがいい。
Logicool は、電池の寿命が本当に2.5ヶ月持つのか経過を見る必要があるだろう。ちなみに エネループ充電直後の状態では、56日 と表示された。

2010.5.5追記:
電源はONのまま仕事で使っていますが、エネループで2ヶ月以上使えました。エネループは、アルカリ電池と比較すると電圧が低くなった後長期間使えるので、早く電池消耗の表示が出ます。なんと残り 20% 10日と表示されてから1ヶ月以上使えました。

関連記事

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

トヨタ ハリアー、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: