ウィーン・フィル 魅惑の名曲

2010-01-23

小学館からCDつきマガジン 「ウィーン・フィル 魅惑の名曲」 が隔週で発売となった。シリーズ全50巻で、創刊号は [1] 小澤征爾が指揮する ドヴォルザーク 新世界より でした。

Rimg0220

ウィーン・フィル 魅惑の名曲 Vol.1 \690 ★★★★

創刊記念特別価格って事で、Vol.2 からは \1,190 となります。付属のCDは、DECCA ブランドで、1993年の録音です。間違いなく値段以上の価値はあります。

小澤征爾さんと言えば、食道ガンが見つかり治療に専念すると、6月までの活動を全てキャンセルすると発表。「必ず戻りますと」TVのインタビューに答えていました。
元気に復帰されることをお祈りいたします。

CDつきマガジンという事で(マガジン付きCDの方が正しいと思うが)、付属の冊子には ウィーン・フィル は練習を嫌うが、本番では上手く弾くのだそうで、真面目さと色気は両立しないんだ・・・ってな事が解説されていました。これと対照的なのは ベルリンフィル で、この演奏も聴いてみたくなりましたね。

一人の作曲家を毎号で紹介するというのは、ちょっと無理があるんじゃないのか?って気もしますが・・・。

偶然、書店で発売日に購入したようで、精算のときにレジで豪華なメモ帳をいただきました。

Rimg0224

Rimg0225

忘れないように、隔週火曜日発売と書いてある(笑)。

Rimg0221

ドヴォルザークは、新世界より だけで十分満足なのですが、おまけでスラヴ舞曲集も録音されている。[8] 第10番ホ短調は、TVドラマ のだめカンタービレで、のだめがコンクールで失敗して落ち込んでいる時に使われていた曲だったような。

Rimg0226

クラッシックについて語るほど詳しく無いのですが、演奏の違いはハッキリ判ります。最初に聞いたのは、ヴァーツラフ・ノイマン指揮のチェコ・フィルハーモニー管弦楽団でした(1982年の録音、当時は \3,800 もしたのに・・・)。

最初に聞いたものが、摺りこまれてしまうようで、違う演奏を聴くと面白い。

さすがに録音が10年も違うと、新しい録音はかなり良くなっています。ダイナミックレンジが広く、ティンパニーやトライアングルが元気よく響いているのが印象的。でも、最初に聞いたのがしっくり来るし好きかな。

ドイツに住んでいた頃 ズデニェク・マーツァル指揮の新世界よりを聴いて(見て)、あの感動を思い出すな・・・(過去記事 のだめカンタービレのヴィエラ先生 もどうぞ)。

関連記事

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: