USB3.0外付け3TB HDDを玄蔵で組立る

2012-09-17

Lenovo IdeaPad U310 のバックアップを取るために外付けHDDとしてUSB3.0のHDDドライブを組み立てました。2TB なら完成品が1万円以下で買えそうなのですが、ファンレスの市販品は放熱が心配。発熱の少ない WD Caviar Green HDD を使いたい。自作するなら USB3.0 で 3TB、さらに電源連動機能が欲しい。そんな条件で、HDDを組み立てる事にしました。

Rimg0005

玄人志向 GW3.5AA-SUP3/MB \2,150 ★★★★
WesternDigital 3.5インチ 3TB HDD WD30EZRX \8,980 ★★★★

昨年、タイの洪水からHDDが品薄になり高騰していましたが、ようやく洪水前の水準に戻りました。3TB のHDDがそろそろ買い時のようで、ツクモの日替わり数量限定のHDDを手に入れました。最安より \1,000 ぐらいお得な価格でした。

Snap20

http://shop.tsukumo.co.jp/ で特売のちらしを確認。9/16 の先着各店5台の 3TB内蔵HDDを買いに早朝から秋葉原へ。

Rimg0001

9/16 9:20am 「ツクモex」はすでに7人の列があったので、少しマイナーな「ツクモ12号店」を目指した。この店舗は誰も並んでいませんでしたので1番のりでしたが、10:00am 開店時点で10名ほどの列が出来ました。

Rimg0002

Rimg0003

広告には当社指定メーカーとありますが、予想どおり WD Caviar Green HDD WD30EZRX でした。SATA 6.0Gbps、5400rpm で速度はそこそこで発熱が少な目なのがいい。

Rimg0004

USB3.0、3TB以上のドライブに対応、電源連動のHDDケースは、まだあまり種類がありません。同じ玄蔵でも3TBに対応していないモデルや、電源連動しないモデルもあるので要注意です。GW3.5AA-SUP3/MB(ブラック)とGW3.5AA-SUP3/SV(シルバー)があります。

Rimg0006

英語版のマニュアルが付属しますが、箱の裏にある図が解りやすい。

Rimg0008

本体、縦置きスタンド、ACアダプタ、USB3.0 B-A ケーブル、ネジ、CD-ROM、マニュアルが入ってます。付属CD-ROMは使いませんでした。

Rimg0011

Rimg0010

AC100-240V DC12V1.5A(18W) のウォールマウント型ACアダプタが付属する。ちゃんとPSEも取れています。AsianPower製のACアダプタは、確かバッファローが採用していたと思う。

Rimg0031

テーブルタップだと隣接を専有してしまうタイプだ。

Rimg0013

本体ケースはアルミ製の筒構造になっている。

Rimg0014

Rimg0015

コントローラが見えます。

Rimg0017

Rimg0019

ハードディスクのコネクタに接続、ネジ2箇所で固定します。

Rimg0020

コントローラ基板に青色LEDがありますので、曲がっている場合は、これを真正面に向けておく事。

Rimg0023

アルミ製のケースに差し込みます。LEDの部分が引っ掛かるのですが、なんとか押し込みました。

Rimg0024

リア・パネルのネジを2箇所止めます。このネジは小型のプラスドライバが必要。

Rimg0025

HDDをケースに固定するネジが上下にあります。

Rimg0026

完成しました。

Rimg0027

Rimg0028

縦置きスタンドは、内側にスポンジが付いてます。

Rimg0029

USB3.0 A-B ケーブルが付属します。

Rimg0030

Rimg0033

ACアダプタ、PCに接続しました。PCに接続するとHDDの電源がONになるのは切り忘れがなくで便利ですね。青色LEDは、真正面から見ると眩しいですが方向がずれると暗め。

Snap03

自動的に認識されました。

Snap04

3TB なので GPTを選択しなければなりません。Windows XP等、OSがGPTに対応していない場合は認識されないので注意。

Snap05

2.794TB が未割り当てになっているので、右クリックでシンプルボリュームを作成します。

Snap06

Snap07

Snap09

Snap10

Snap11

Snap12

2.7TB はさすがに大きいので、後でE:を縮小して1TB(E:) と 1.7TB(Z:) に割りました。

Snap17

Snap19

速度は、こんなもんでしょうか。

Snap24

USB3.0 2.5インチ外付HDD(pqi  H566)と比較すると、WD30EZRX はシーケンシャルR/Wがすごく早い傾向があります。

Snap18

内蔵HDDのランダムReadが早いのは、SSD 32GBをキャシュにしている為です。

Snap23

問題の発熱については、外気温31℃で46℃ぐらいになります。しかし、1時間ほどCopyを続けると50℃に達しました。できるだけ風通しの良い場所に設置すれば問題無いでしょう。
3TB もあると容量不足になる心配な無いので、定期的にバックアップを残しておく事ができます。

今回は自作しましたが、市販品は USB3.0 でも 2TB ならリーズナブルな価格で買う事ができます。USB2.0 ならもっとお安くなっていますが、USB 3.0がPCに標準搭載されるようになりましたので、すぐに使わなくても USB3.0対応を買うのが良いでしょう。
なお、Buffalo HD-LB2.0TU3Jは、オプションで冷却ファンユニットOP-FAN-ALEMを追加する事ができるようになっています。自作できそうな気もしますが・・・
安価なUSB3.0対応ドライブのなかには、PC側のUSB3.0コントローラによって認識しないものがあるというコメントもありましたので要注意です。

バックアップ用途なら WD WD30EZRXがおすすめ。外付けHDDのアクセスが多い人は発熱が多いですが 7200rpm の Seagate ST3000DM001 が良いかもしれません。

関連記事

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: