Crucial m4 SSD のファームウェア書き換えが簡単に

2012-07-08

Crucial m4 64GB SSD の最新ファームウェア 000F が公開されていたので書き換えしました。主な修正内容は、RAID で SAS expandersの互換性改善、高負荷時の安定性改善、予期しない電源断のデータ保護 という。
前回、不具合対策ファームウェア 0309 の時はUSBメモリでツールを起動して書き換えをしました(過去記事 Crucial m4 SSD、不具合対策ファームをUSBで書き換え)が、なんと Windows 7 Updater Application でリブート後にツールが起動できるようになりました。

Snapcrab0001

Windows 7 ユーザなら簡単にアップデートできますよ。

Snapcrab_noname_201278_115741_no0_2

Firmware and Downloads から Crucial m4 2.5-inch SSD を選択。最初に guide からアップデートの方法を確認します。

Snapcrab_noname_201278_12419_no00

今回は、全てのバージョンが対象になっています。

Snapcrab_noname_201278_12553_no00

バックアップを取る事をオススメする。自己責任で使ってください。途中で中断すると動作しなくなるかもしれない。AC電源で動作させる事などいつもの注意書き。今回は、クリーンインストール後だったので、失うものは無いのでそのまま実行しました。その他、ドライブを暗号化している場合は、暗号を解除する必要があるとか書いてあります。

Snapcrab_noname_201278_125511_no00

Tips に重要な事が書いてありました。前回、AHCIで認識しなかったので、BIOS設定を IDE に変更した方が良いようです。

Snapcrab0001

ダウンロードしたzipを解凍して m4_SSD_Firmware_Update_Utility_000F.exe を実行します。

Snapcrab0002

License を読まないと実行できないようになっています(読まなかったけど)。

Snapcrab0003

後は、勝手にリブート。コマンドラインのアップデータが起動して、対象のSSDを発見して勝手に書き換えしてくれました。何も操作しないので、成功したのか見逃してしまいました(笑)。
特殊な環境では失敗する事もあるそうですので、その時はUSBかCD-Rで再挑戦してください。

Snapcrab0004

CrystalDiskInfo でファームウェアを確認。ちゃんと 000F になっていました。

Snapcrab0005

CrystalDiskMark でベンチマークを測定すると遅い・・・。そうそう、BIOSがIDE のままでした。

Snapcrab0006

BIOS をIDE から AHCI に変更して測定すると、ほぼ前回と同じ値になりました。

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

X220 Crucial m4 CT128M4SSD1換装

128GBのSSD CFD CSSD-PMM128WJ2 に換装したレッツノートCF-R5Lはモバイルマシンとしてとても重宝してます。一方、core-i7 2620M、64bit win7、メモリ8GB、HDD7200rpm320GBと、スペック的には圧勝なX220は、遅くはない...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

magumataishi

Author:magumataishi

レクサス NX、スズキ ハスラー、ダイハツ タントのチープな改造ネタを公開。バイクはヤマハ TDR125。NEXUS 7、ZenPhone 4、PC周辺機器、デジタル一眼、電子工作、PCオーディオ、ホームシアター、TEAM SHACHIなどの雑記です。 Since 30,Apr 2017

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: